「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

!ご注意!

医療費控除の件。問い合わせが何件かありましたので、ここでもお知らせしておきます。

通所介護や小規模多機能型居宅介護のご利用料は、そのままでは医療費控除の対象にはなりません。通所リハビリや訪問看護など、単独でも医療費控除の対象となる医療系介護サービスをご利用の場合に限り、食費その他を除いた介護保険給付対象分のご利用料(負担割合証に基づいて、1割~2割負担となっている分。基本単価と処遇改善を含めた各種加算の分)のみを、上乗せする形で医療費控除対象として申請することが出来ます。また、限度額を越えた分に関しても、対象とはなりません。デイケアなどの場合は、食費なども控除の対象となったと記憶しています。

医療費控除の対象となる方の場合、通常お渡ししている領収書・請求書では、控除対象外の分まで含まれてしまいますので、こちらから「医療費控除の対象となる金額と明細」を記載した書類、例えばサービス提供証明書などを発行します。

地域密着型通所介護も同様です。

介護保険サービス利用料の医療費控除関しては、国税庁の方に詳しく記載がありますので、ご参照ください。

蝶の販売が開始になりました

和雑貨のサイト「道くさ」様にて、本邦初となりますおりがみ陶芸作品「蝶」の委託販売始まりました。オーナメントとして以外にも、箸置きとしてもお使いいただけます。

鶴の場合は、一回り大きいサイズの陶芸紙で制作した場合、価格は5,000円前後となりますが、蝶は、折る回数が鶴より少ないことと、焼成の手間も鶴ほどかからず、また制作に7cmの陶芸紙を使用しているということで、単色1,500円、二色1,600円、多色1,700円という価格設定がしてあります。

今、書類と鹿島錦の課題であわただしいですが、よろしくお願い申し上げます。

青森県体験会情報(記事&画像提供 陸奥新報/記事提供 津軽新報)

※しばらくメディア掲載情報の記事を修正・公開していきます。

かすみ草さんからおりがみ陶芸センター経由でいただいた新聞記事と写真をアップしておきます。過去の投稿日時を修正して再アップロードしています。2017/7/2に開催された、青森県平川市での体験会の様子です。指導はベテランインストラクターの嶋津さん。

※画像と記事は、表題の通り、陸奥新報さんと津軽新報さんのご厚意で、おりがみ陶芸の広報に使用する許可をいただいているとのことです。

展示会最終情報&祐徳稲荷神社お火たき

東京の日本橋にある長崎館でのおりがみ陶芸展示会、とうとう本日で最終日と相成ります。5日から開催し、初日には東京在住の私の友達も観に行ってくれたようで、ありがたい限りです。ミスター表彰マンKさんが外周りに専念されるため、展示の説明と販売はすべてきよ先生がお一人で担当されます。おりがみ陶芸インストラクター界のラスボス(次点は多分青森の嶋津さん)ですので、この機会に質問等されてください。

もう一つお知らせ。今日と明日、日本三大稲荷の一つ、祐徳稲荷神社のお火焚きに合わせて、参集殿で、鹿島市の伝統工芸品の販売会が行われます。鹿島錦も販売されるらしいので、よろしくお願い申し上げます。こちらには鹿島錦保存会のラスボスこと、御年101歳の樋口先生がいらっしゃいます。

重ねて、展示会のお知らせ&インストラクター講習のご案内

本日5日から明後日7日まで、東海道五十三次の出発点、東京日本橋にある長崎県のアンテナショップ「長崎館」で、おりがみ陶芸の展示会が開催されます。

私はいまだ九州で仕事中ですが、長崎館内に、長年おりがみ陶芸の開発と発展に携わられてきた「きよ先生」がいらっしゃいます。カワサキローズの川崎先生のお弟子さんで、折り紙講師もされている、おりがみ陶芸のエキスパートですので、たいていの質問には答えてくださるはずです。

それと、後日改めて更新する予定でいる、インストラクター講習会のリーフレットです。

私が受講したのは中級までですが、いずれは上級と、その上の師範級まで受講できればなあと夢想中。初級・中級に関しては、指導マニュアルはもちろんあるのですけれど、画一的な内容ではなく、進捗度や個性に応じて、柔軟な指導をしてくださいます。材料もふんだんに使わせてもらえますし、インストラクター講習受講後は、材料を割引価格で購入できます。

ところで、12月に入ったのに「11月末までに終えているはずの各固定ページと投稿記事の画像の復旧がまだではないか」とお叱りの皆様、決して私のせいではございません。寒さが悪いのです。

明日、神戸に参ります

今日は鹿島錦教室の日でしたが、午前中は用事があったので、午後からの参加。ようやく二枚目の課題、二種の枡を紙で織り終えた――と思いきや、先生から「(余ってしまった)紙がもったいないので上まできちんと織ってね」とのお達しがございまして、次の課題は十二月まで持ち越しになりました。来週と再来週は休みなので、家で何か復習しなければ、来年の県展を目指せない。とりあえずまだ織っていない方の網代を織ってみよう。

ところで、月光百貨店でのワークショップのために、明日神戸に向かいます。そういえば、道の駅太良で見つけたミルキーの九州限定あまおう味も、着替えなどの荷物と一緒に送ったんですけど、月光百貨店の店主はミルクがダメな人でした。すっかり失念していました。あまおう味が気になる方は、明日以降月光百貨店に出向いて「九州限定のあまおう味のミルキーはまだありますか」と仰っていただければ、店主からおすそわけがあるかもしれませんし、ないかもしれません。

ちなみに、ワークショップは25日と26日。しばらくは自分の制作の方に専念したいので、「ワークショップ」という形での開催は、今回が最終回になります。県展では、レジンと鹿島錦とおりがみ陶芸を組合わせた作品を作ってみたいので、それぞれ練習の日々です。

来月5日~7日に開催される、日本橋長崎館でのおりがみ陶芸作品展示会もよろしくお願いいたします。

わけがわからぬ

画像の復旧作業を(いまさら)始めているのですが、どれが修正済みなのか、未修正はどれなのか、さっぱりわからなくなってきたので、最近の投稿を除いて、いったんすべて下書きモードに移行します。整理が終わったものから公開状態に戻すという段取り。

①下書きモードに移行←ここ終了
②固定ページの修正←今からここ
③投稿ページの修正

という順序で気長に行う予定。よしなに。

おりがみ陶芸作品展示会のお知らせ

佐世保市、前川楽器店、おりがみ陶芸センターの共催で、東京日本橋にある長崎館で、おりがみ陶芸展示会の作品展示会が開催されます――というような情報は、先々月から小出しにしてきたのですけど、日程の公開が可能になりましたので、改めて告知いたします。

佐世保フェア~平和の祭典・平和の象徴 鶴のおりがみ陶芸品
日時 平成29年12月5日~7日 AM10:00~PM7:00
場所 日本橋長崎館

おりがみ陶芸センター作の折り鶴大・中・小は当日販売もございます。鶴以外にも趣味工房YO-NETの中の人の制作した事業所向けサンプル、それと佐賀県太良町の小規模多機能型居宅介護事業所、小規模多機能ホームゆいのご利用者様が実際に制作された作品も展示されます。制作されたのは要介護1の97歳と98歳のおばあちゃん。それぞれ2回目と初めてのおりがみ陶芸レクで制作されました。介護現場のレクとして取り入れる場合、私の経験では、適切な作業内容を選択しさえすれば、認知での要介護4、またパーキンソンでの要介護4の方でも、制作は可能でした。数は少ないですが、前川楽器さんのシャツや酒器なども販売されるそうです。

オリンピックに向けて開発された市松模様の鶴以外に、金液でコーティングしたゴージャスバージョンの鶴も、展示会等では初お目見えと相成ります。

就労支援事業所の方など、福祉関係の事業所様がいらっしゃいましたら、スタッフにお声かけをしていただければ、サンプルとして、私が制作した蝶の箸置き(7cmサイズの陶芸紙を使用)をお持ち帰りいただけます。是非会議などでご活用ください。一日あたり10個の目安で準備しておりますので、数が不足した場合はご容赦ください。

イベント詳細、またおりがみ陶芸に関するご質問は、ホームページもリニューアルして心機一転の株式会社おりがみ陶芸センターまでお願いいたします。知らぬ間にインスタまで……

祝 通販復活

先日迎えた誕生日同様、誰も祝ってくれないので私が自分で祝います。長らくお待たせいたしましたが、陶芸紙、および折り鶴陶芸品の通信販売を再開いたしました。以前同様、注文メールはおりがみ陶芸センターに届くようになっています。

私の手違いで、いくつか画像をバックアップし損ねておりまして、表示されないままでいますが、おりがみ陶芸センターの方から画像をいただき次第、アップロードいたします。

私の勝手な考えでは、各地のインストラクターや福祉事業所の作品などの販売窓口としても機能させたいと考えていますが、このあたりはおりがみ陶芸センターの皆さんと協議の必要があるかと存じますので、後日確定してから情報を掲載したいと思います。

おりがみ陶芸 WEBSHOP

どうでもいいですが、ショップのサイト、本来であれば工事中か閉店モードにしておかないといけないのに、うっかり開店モードのまま延々と編集しておりました。恥ずかしいったらありゃあしない。

さて、これからブログの方の画像・PDF等の再アップロードと記事内容の確認・修正に入ります。こちらは今月下旬をめどに。

2017/10/12。おりがみ陶芸センターの方から連絡をいただきまして、当面は折り鶴陶芸品以外の通信販売を見合わせたいとのことでした。まだ詳細は把握しておりませんが、折り鶴陶芸品以外の商品をすべて非表示にいたしました。良い機会とポジティブにとらえ、11/8までブログとtwitterの更新を休んで創作モードにはいります。

かすみそうさんでの体験会&小ネタ

青森県黒石市の喫茶店「かすみそう」さんでの、おりがみ陶芸体験会の情報です。おりがみ陶芸センター経由でいただきました。7月と8月の開催とのことですが、7月の方は参加者の方が確定済みとのことですので、ご興味のあられる方は、8月の体験会に関して、かすみそうさんに問い合わせをされてください。

本来はfacebookでお知り合いの方向けに掲載されている情報ですので、個人名・携帯電話番号等は、こちらで処理をして伏せております。インストラクターは、ベテランの嶋津先生です。作例の青系の鶴、私の手持ちの柄の別バージョンですね。ずっと「イチゴ」だと思っていたのですが、青系もあるということは――もしや……シロツメクサ? ←イチゴでした。

【おまけ】

陶芸センターの営業チーフで元ラグビープレイヤーのKさんが、見事な生タックルで窃盗犯逮捕に協力されたとのことで、佐世保署から感謝状と記念品の授与があったそうです。もう記念品の桜の代紋がキラキラ輝き過ぎて、純金の金箔スプレーを注文したばかりの私のツボを押しまくりです。

うっすら感謝状に映っているシルエットが、Kさんですよ。