「園芸」カテゴリーアーカイブ

マヨネーズ真珠が作りたい

 子どもの頃NHKの番組で紹介されていたのを観て以来、マヨネーズ真珠に憧れ続けてきた。その後あるある大辞典などでも放映されたようで、ひところに比べて、ネットの情報も充実してきた模様。棚ぼた目当てで検索をし、機は熟したかと思いきや、よくよく読んでみたら、失敗する人が続出している。

 机上の空論で申し訳ないが、失敗したケースでは、まず一番最初の材料の攪拌が足りないのではないかという気がする。貝の中でマヨネーズやダシがそれぞれ独立して存在している道理はないので、貝の中と環境が同じになるくらいに、数時間かけて攪拌し続けるというのが、成功の鍵なのかもしれない。一部「五時間」という記述も見つけた。ただしどうやって攪拌し続ければいいのかは不明。ミキサーだと壊れそう。延々ペットボトルを振り振りとかかな。でも五時間攪拌して失敗したら悲しすぎる。誰か人身御供になってくれやしまいか。私は人生をこれ以上浪費したくないんだけど。

 是非一度、鶴を真珠加工してみたいんだよなあ。パール調のラスター液を塗ればとか言われそうだけど、そうではなくて、真珠層でコーティングしてみたいわけ。

 夏場はすぐ液が傷んで腐臭がひどいはずなので、冬に挑戦してみたい。


 古今亭始さんのチャンネルで、金言亭馬玉師匠がマリモ愛を熱く語られていた。そういえば小学生の頃マリモを育てていたなと思い出し、懐かしさのあまり急にマリモが欲しくなって、衝動的にネットで注文。もちろんパートのおばちゃんが手作業で丸めた養殖マリモだけど。大事に育てたいな、今度は。昔は放置しまくりだったから。

 ところで、なぜ家にマリモがあったかつらつら考えてみたら、当時みさかえの園の看護師だった母が研修会か学会かで北海道に行って、その時買ってきてくれたんだった。六花亭のチョコレートと一緒に。もう三十年以上前の話。


 貝殻を電気炉を使って1,100度以上で焼成すると、純粋なカルシウムが作れる。貝殻の主成分は炭酸カルシウムだから、マヨネーズ真珠を作るときも、水酸化カルシウム水溶液に二酸化炭素を加えるらしい。アルカリ度が高いので気を付けないと……。

ぞんざいなジジイは嫌い

 人を呼び捨てにするのもされるのも大嫌いなので、相手が年下だろうが年上だろうが、さほど親しくない人とは、同じ口調や態度で、適度な距離感を保って接するように心がけている。その反動か、親しくもないのに、自分で年上だからというだけの理由で、ぞんざいな言葉遣いで話しかけてくる礼儀知らずのジジイには我慢ならない。大嫌い。「私はお前の友達でも何でもないから」と200mほど全力疾走で助走をつけてハタキツッコミしたくなる。大人だからしないけど。

 そういう連中に限って、自分より相手が上だと判断したら、途端にへーこらするんだよな。単細胞が過ぎる。そのジジイに関しては、あらかじめ伯父から「人間性に問題があるから気をつけろ」的なことを言われていたんだけど、まさにその通り。関わりたくないのに急に職場に来やがるから接近禁止令を出してもらいたいところ。ちなみに利用者様のご家族とかではなくて、単に父の知り合い。ただしまったく親しくはない。

 私が知っているほとんどの人は、普通に礼儀正しい人たちばかりなので、圧倒的に少数派だと思うんだけど、一人いるだけで他の人の十人分くらいうざいので、苛立ちがなかなか収まらない。花に慰めてもらおう。

 朝顔は毎日替えないといけないけど、フウセンカズラの葉は三日目。例年に比べて育ちが悪く、切り取るのが可哀想。


 人間って、手を抜く方には容易にエスカレートするのに、手がかかる方には一向にエスカレートしないんだなと、ホットケーキミックスと格闘しながら考える日々。

  1. ホットケーキミックスで普通にホットケーキを焼く
  2. 煎り糠を入れたら腹持ちがよくなりそうと思って試す
  3. 一枚一枚焼くのが面倒だから炊飯器のパン/ケーキモードで一度に焼いてみたところ、こげつく心配をせずに好きなことを出来るのに気づきドハマリ
  4. 同じ味ばかりだと飽きるからレーズンとか入れてみる
  5. 野菜の準備が面倒な時は、青汁粉末も入れてさらに手抜き←今ここ

 結論としては、煎り糠入りなんちゃってケーキは、青汁粉末を入れることで、さらに栄養価も高くなり腹にたまるということで。煎り糠って玄米が白米に精製される過程でこそぎ落された栄養分を豊富に包含してるんよ(‘ω’)ノ

 材料を混ぜるときに、卵の白身だけ別にして、メレンゲにして後から混ぜたら、多分食感が柔らかくなりそうな気がする。面倒くさいからしないけど。

 あ、網杓子や金網を使った味噌こしを使えば、泡だて器よりも簡単にメレンゲが出来るらしいので、その方法なら試してみてもいいかも。五十近い身になると、電動ミキサーがなければ、メレンゲを作ろうという気には正直ならん。

千切りはある時急にうまくなるそうな

 入浴後、十段以上織った後、相も変わらず寝しなにYouTube。慢性的な睡眠不足なんだから、さっさとストレッチをやってから寝ればいいのにと自分でも思うが、ついついタブレットに手が伸びる。どうにも動画視聴をやめられない。最近はYouTubeを見てから軽くストレッチをして、レンチンしたあずきのチカラで耳を包んで温めてから寝るのが日課。昨日また本を八冊借りてしまったので、動画に充てる時間を減らさないと。ただだらだらと視聴するのではなく、編物をしつつなど、作業をしながらが望ましい。

 ここ数日視聴の対象としている夢空間チャンネルでは、今、春風亭一之輔兄弟会が公開されていて、おまけとして出演者の対談などが収録されているんだけど、一朝師匠の八番弟子の一花さんと、お囃子の太田そのさんの対談の中で、太田その師匠が、「一年くらい朝のサラダのために野菜の千切りを続けているが、ある日突然巧くなった」と仰っていたのが印象的だった。一花さんもそれを受け、師匠方によると、落語も突然巧くなるらしいとのこと。バイリンガルやトリリンガルの人も、ある日突然流暢に喋れるようになったという人が多いらしい。

 多分鹿島錦もそうなんだろうな。急に頭に詰まっていたものがすこーんと抜ける感じで上手になる。でも、その覚醒がいつ訪れるかは、下手な時期にどれだけ考えてどれだけ実践したかにもよるので、倦まず焦らず弛まずに続けいこう。

 ゴーヤやキュウリがある日突然生るのは、毎日の観察(不足)の賜物。

10万円ゲット

 給付金の10万円が無事手元に届いた。まず手芸用品を注文。

 自分用にも一つ作りたい、セッティング台になっているカード入れ。七宝用ではないため、銅板はないが、厚紙+手芸用中綿で、ある程度錦をぷっくりさせることは可能。父の日のプレゼントは、これと、以前作ったペーパーナイフにする。

 キーホルダータイプのコンパクトミラー。チェーンの部分は外してペンダント仕様にする予定。

 

 この印鑑入れならワシでも作れる(‘ω’)ノ

 ハート形のミニピルケース。私の場合はコピー機の上に直接置いてワイルドに型紙を作ったりする。タフガイだから。

 レビューを読んだ限りでは、たまに不良品が混ざっているらしいので、印鑑入れのみ3個。他は5個ずつ注文。蝶番の部分は、潤滑剤をあらかじめスプレーした方がいいかも。

 届くまでアジサイでも愛でる。

カフェインが効きまくり

 ここしばらく、カフェインレスのコーヒーばかりを飲んでいたせいか、直火式のエスプレッソメーカーで淹れたマグカップなみなみ一杯のコーヒーのカフェインが、脳をダイレクトに直撃しているところ。昨日は医学部付属病院まで母の受診に付き添い、今日も午前中は苗ものの整理。おすそ分けしたキュウリがマリーゴールドとミニひまわりになって戻ってきたので、それと、ようやく本葉が出たゴーヤと、かろうじて発芽した朝顔を鉢に移植し、雑草をいくらかむしり、鉢を移動し、したたか疲れて、エスプレッソを飲んでごろりと横になって半時間ほど経過し、今猛然とやる気に満ち溢れている次第。

 このやる気を利用して平織りをはかどらせよう。昨夜糸掛けを外して、織れるのは残り10cmほど。ヘラの分の目は死守しているが、糸掛けの分の目は延々拾わないといけない。基礎織の頃を思い出しつつ取り組んでいる。あのころに比べたら、平織りも随分とましになった。

 果たしてレセプト前に終わるかどうか疑問だが、出来るだけ早く織って、引っ張り紙を修正したい。

※小学五年の時に園芸委員になって、初めての仕事で校庭の花壇に植えたのが、マリーゴールドだった。懐かしい限り。

アサリナ開花

 朝顔は数本除いて発芽せず。去年も、遅いものは一カ月以上かかって発芽したので、気長に待つことに。

 キュウリやカボチャは本葉が出始めたので、育苗ポットに植え替え予定。

 画像は、昨年のこぼれ種のアサリナ。幾分成長した後、そのまま越冬。今日無事開花。

 おりがみ陶芸センターも、二十周年に向けていろいろ動きがあるそうな。幸あれかし。

嬉しくってマヨネーズ出ちゃう

 キャンディーズが似たようなこと歌っていたっけ。まあ私はギリギリピンクレディ世代なんだけど、昔のテレビでよくやっていた、懐かしのアイドル特集とかを通じて知っている。

 他言されると名誉にかかわるのでここだけの話にしておいてもらいたいが、実は私は興奮すると耳からマヨネーズが流れ出る特異体質。もちろん嘘だが、丁度今それくらいハピネスな気持ちでいるということだけ理解してもらえれば幸い。

  • キュウリと小玉スイカが次々発芽
  • 経紙の端がやっと上に出た
  • クリーミーカフェゼリーは40回振って丁度良い

 全然関係ないが、ピンキーパンチ大逆転、再来年で放映から四十年らしい。私も後三年余りで五十になる。やれやれ。

文化祭も開催されるかどうか

 毎週木曜日になると「本当なら今日は鹿島錦教室か」と切なくなる。いつ頃再開できるのか、再開しても参加できるのか、先生はお元気なのか、気にかかることばかり。文化祭に関しても、今より状況が落ち着いていれば、まあ開催の可能性もあるだろうが、秋までに第二波第三波が押し寄せれば、多分、作品展示どころではないはず。写真を撮ってWEBギャラリーを作るにしても、鹿島錦の美しさは、実物を間近で目にすることでしか堪能できない。もどかしい。

 土曜日に蒔いた種は、まずキュウリとシロオクラが発芽。日中いたずらに暑い日が続いているため、もしかしたら発芽適温を過ぎてしまったかと心配だったけど、無事に根を伸ばしてくれている。植物は強い。

 今、特別定額給付金申請書に記入しているところ。今回の給付金は、これ以上の経済の停滞を防ぐためのものなので、貯金することは許されない――は筆が滑りすぎか。個人の口座を潤わせるのではなく、社会に循環させなければいけないということで、私の場合は、絹糸と新しいタブレットPC、それから多少高めのアジサイなどを買う予定。

 何年か前、アスファルトの割れ目から芽を出し、花を咲かせたビオラを目にして詠んだ句。

土瀝青(どれきせい)割りて
ビオラの意気地咲く

 たくましさが欲しい。