「個人的備忘録」カテゴリーアーカイブ

数値よ……

 いずれも軽度ながら、持病を複数抱えていて、定期的に受診の必要があります。ここしばらく、下手くそなりに深夜まで錦を織っていて、寝るのが遅い上に、夜間に中途覚醒があって、疲れがたまっていたこともあり、運転するのが億劫と、数回かかりつけ医のところに行くのをスルー。薬も当然無くなり、しばらく飲んでいなかったところ、この間の嬉野医療センターの検査で想定外に高い数値が出て、担当医より「入院寸前」と言われてしまいました。実は受診した日が鹿島錦の実演の日の翌日で、前日からの疲れもあり、面倒だからすっぽかそうかと考えていたんですが、検査がいくつか入っておりまして、しぶしぶ受診して発覚したわけです。実は、私の人生における唯一の自慢は、生まれてこの方45年、新生児の時以外は、一度も入院を経験したことがないということ。この記録は出来るだけ維持しなければというわけで、健康のために、犬の散歩の後に、さらに自分の散歩。

 そういえば、今年は桜もつつじも咲くのが早かったですけど、蛍も早かったです。通常はGW頃に初蛍を視認するのに、今年は4月の下旬には飛んでいました。その後寒くなって、数日飛ばなくなり、一昨日あたりから再度飛び始めたという状況です。ピークはだいたい毎年5月の20日前後かな。京都の出町柳駅から叡山電鉄に乗って、貴船で降りて山間の方に道なりに進むと、蛍岩という蛍の名所がありますが、そこに掲げてある立て札には、6月が見ごろと記されていますので、九州とはかなりの差があります。山手の方に移動すれば、こちらでもかなり遅い時期まで蛍を楽しめるようです。

 昨日の鹿島錦教室は、書類(研修会の参加申込書他)の整理があったため、休まざるを得ませんでした。24日には、陶芸紙でアジサイを作る約束をしているので、23日の参加も微妙。とりあえず今巻き取っている糸が終わるまで、(普通の糸なので全然隠れていない)隠し糸を入れて織ることにします。

 おまけ。数日織ってみて気づいた隠し糸に関しての備忘録。

  • 初心者でも幅が安定する
  • 縮んだ状態で隠し糸を入れて織ると、自然に広がっていく
  • 布地としての強度が向上する。実用品にはいいかも。
  • 半面、綾を櫛で梳いたように見える上、織りの上達も遅くなる(はず)