「工房YO-NET便り」カテゴリーアーカイブ

会議の話題もまずコロナ

 例年4月1日はインターネット上でありとあらゆるデマが飛び交い、うっかり信じでもすれば、後から「ねえ今どんな気持ち?」などと揶揄される羽目になるが、さすがに今年はその数は激減するかもしれない。私もコロナコロナで日々消耗している。

 先日京産大などでも感染が確認されたようだが、日本の雇用システムの中でわずかに認められたモラトリアムを満喫するための、それこそ一生に一度の卒業旅行。気心知れた仲間と存分に楽しみ、見聞を広めるためにも是が非でも行きたいという気持ちは痛いほどわかる――なんてことはもちろんなく、むしろぷんぷんすかすかご立腹。迷惑なことこの上ない。その種の油断が感染を拡大するわけ。これだけ高齢者が多い国で、一体全体、何を考えているのか。今はまだ開発されていない予防接種のためのワクチンや、治療のための抗ウイルス剤、対症療法として用いられる薬剤の、症例や既往歴ごとに吟味された適切かつ公的な選定を待って、耐えて耐えてという状況。美大中退でモラトリアムが周りより断然長かった人間が口を挟むことでは本来ないけど、君らの場合はまだ社会に出るのは早い。世の中君らだけで回っているわけではないっての。社会に出る前にもう少し他人に対する配慮を培うべき。

 感染が発覚した後に書いても仕方がないが、書かずにはいられなかった。どれだけ介護現場がピリピリしていると思うのか。さらに責任が重大な医療関係者なら、輪をかけてこの手のニュースにイライラしているはず。

 それはさておき、鹿島錦教室の話。会員は、19日の搬入日、昨日30日の展示準備で顔を合わせたのみで、木曜の初心者教室も、隔週火曜の研究科も、まったく開催されていない。おそらく、鹿島錦保存会始まって以来の状況だと思われる。結局、4月もそのまま休みだそう。まあ、初心者教室の会員でも、基礎織りがすでに終わって、材料も手元にある人なら問題なく自分で織っていけるわけだけど、気がかりなのは、材料も限られる基礎織り途中の方。私なぞよりはるかに上手で、佐賀錦のスパイ説が濃厚なIさんと、同じく初心者とは思えないほどお上手な佐賀錦のスパイ補佐説が浮上中のKさんはすでに基礎織りを終了されいるわけだから――とここまで書いて、残りの基礎織り途中の方はいずれも医療関係者だと気付く。

 今時分、織るどころじゃないかも。私も明日からレセプトの準備があるから気を引き締めないといけない。

 佐賀錦の教室とかどうなんだろう。佐賀錦も鹿島錦も、基礎疾患があったり高齢だったりする会員が多いから、同様に休みかもしれない。今織っているものを後で見返すと、多分、「これを織っていた頃、世の中コロナコロナだったなあ」と、思い返すんだろうな。

鼻うがいも必要かも

 看護師の友人が、昨年鼻うがいを始めてから体調を崩さなくなったと言っていたので、調べてみた。わざわざコストのかかる市販の洗浄剤を使わなくても、人肌程度の温度の生理食塩水を使うと、鼻腔に液体を入れた時の不快な刺激はないらしい。

 生理食塩水の濃度は0.9%。通常は100mlの水に1gの塩を入れて作る。この濃度は、アクアシュシュを使って電解次亜水を作る時と同じ。正確には、アクアシュシュの方が生理食塩水の方に合わせているんだろう。この間試しに喉に向けて自前の電解次亜水を恐る恐るスプレーしたら、当たり前だが、塩の味しかしなかった。腎臓に負担をかけないよう、塩分摂取量を控えないといけないのに、何をやっているんだか。ちなみに最近犬がやたらと私の指を舐めてくるんだが、もしかしたら電解次亜水の残滓=食塩で、塩分補給をしているのかもしれない。

 アクアシュシュに関しては、一回に作れる電解次亜水の量は30ccと少ない。まあ手指消毒に関してはそれで十分だが、もう一つの不安要素として、電気分解をするための電極が果たしていつまでもつのかわからないという点が挙げられる。気休め程度にはなるかと、使用後は電極部分に水道水を通してから乾燥させているが、消耗する前に新しい機器を調達しないといけない。

 手指消毒は電解次亜水で、喉と鼻は食塩水でのうがいを心がけることに。試しにこれを注文した。

 塩水を作るのは意外と面倒なため、自宅では、洗ったペットボトルに100mlずつ水を入れ、マジックで印をつけてから使用している。500mlの生理食塩水(もどき)を作る場合、塩は小さじ一杯ほど必要。小さじすり切り一杯の分量は、あら塩の場合は5g程度だが、さらさらの精製塩の場合は6gらしい。電解次亜水を作るときの塩は塩化ナトリウム以外の成分が出来るだけ入っていない方が都合がいいそうなので、精製塩を小さじ1弱が望ましいんだろうが、鼻に液体を入れた時のつーんとした刺激は、浸透圧によるものらしく、生理食塩水より塩分濃度が高い分には大丈夫だそうな。だとすればわかりやすく小さじ一杯でいいんじゃなかろうか。

 恥ずかしながら面倒くさいことが何より嫌いな性分なので、今まで雑菌が繁殖しにくい水道水で、二日から三日分の塩水を一度に作って冷蔵庫に入れて保存。寒くてもすぐ使えるように使用前に軽くレンチンして室温程度にあげてから次亜水を作っていた。今後は余った分をうがいに使えばいいので、より衛生的な作り方が出来そう。うちの町の水道水はもともと地下のミネラルウォーターで、塩素含有量も余所より低いらしいから、煮沸して塩素を飛ばす必要はないと予想。とりあえずはやく届けよ鼻うがいセット。

ネオ一眼

 今では後継機種が出てきて影が薄くなったしまったP900は、倍率がすごすぎる故手振れもひどく、三脚など固定するものがないと最大ズームは役に立たない。加えて、重いため、普段使いにするのは抵抗がある。TG-620は非常に使い勝手がいいし堅牢だけど、悲しいかな、防水防塵のための構造の問題で光学ズームは5倍止まり。ここ一月ほど、10倍から36倍まで、同じバッテリーを使用する複数の高倍率中古コンデジを調達して試して、結局SP-810UZを普段使にすることに決めた。動作確認ができないためのジャンク品ということで業者から購入したけど、結構な美品で、動作も問題ない。2,000円しなかったから御の字。

 早速レンズカバーをお色直し。何かを作る作業をしていると、目が冴えて眠れなくなるため、深夜の作業は控えないといけない。透かしパーツを入れるんじゃなかったと絶賛後悔中。

 同じ型のバッテリーが6個、そうしてそれを使えるカメラが5台、単三電池式が4台、トイデジが5台、ネオ一眼と一眼レフがそれぞれもう1台ずつあるので、しばらくは購入しなくても大丈夫。手持ちのカメラがすべておシャカになったら、今度は最新型を買いたい。あるいは私の方が先に逝くやもしれぬ。

 おやすみなさい。

私の中の昭和がまた消えた

 志村けんの訃報に接する。平成という時代は、個人的に良くも悪くもいろいろなことがありすぎて、自分の中では無かったことにしているため、感覚的には昭和の後に令和が直結している状態。だからなのか、平成よりも昭和が日々遠くなるのが、いきおい物悲しい。

 ジャンケンにおける「最初はグー」を全国的に定番化させるほど影響力があった天性の才を持つコメディアンの死が、中弛みしかけたコロナ対策を引き締めてくれることを祈る。

 ご冥福を――

喜劇競馬必勝法

 いい加減ゲーム・オブ・スローンズを観ないといけないのに、なぜか昭和の人情喜劇をクリック。ずっと欲しかった、単三電池駆動にしてファインダー付き、しかも見た目がコロコロ、デジカメ史におけるすみっこぐらしの呼び声も高い、2008年発売ブルーのCANON PowerShot E1を入手して、ようやく古デジカメ沼を這い出ることがかなった矢先、今度は昭和喜劇沼にはまりつつある。この沼もかなり深そう。「人生には限りがあるので、名作や傑作と言われる邦画以外は洋画しか観ない」宣言をした昔の私が目の前にいたら、問答無用で首を絞めてやりたい気分。馬は乗ってみろ、人は沿うてみろ、人情喜劇はとりあえず再生してみろということで、喜劇競馬必勝法。

 主演は谷敬。笑いあり人情ありだがガチョーンはなし。wikipediaで調べて、続編があることを知るが、さらに検索して、本作の内容を踏襲したものではないと判明。無念。

 うだつの上がらない競馬狂のサラリーマンである谷敬の妻は、団地内で歯科を開業しているという設定で白川由美が演じる。他にも予想屋の娘役で小川知子。予想屋の弟子で小川知子の恋人役が山城新伍、小林稔侍・小松政夫・大泉滉 が谷敬の同僚。昭和ホームドラマ界のラスボスで、多分イオナズンとかも使える京塚昌子も出演。なにしろ半世紀以上も前の作品で、すでに鬼籍の人となった方が多いが、さすがにいずれも若い。一時にではなくとも、それぞれがアップになった時に「あ」と気付ける間は、私の脳もまだ大丈夫ということなんだろう。ちなみに私自身は一度も競馬を経験したことはなく、今一つシステムが理解できずにいるんだが、同時上映作品を補佐する役割を兼ねてか、軽いタッチで作られた肩の凝らない映画なので、特に問題はなし。逆にこの手の映画を真剣に観る人がいたら、人生に対する姿勢を一度徹底考察した方が良さそう。

「何事か起こりそうなのに最終的には何も起こらない」という様式性こそ、おそらく、昭和人情喜劇の醍醐味。小難しいことを考えず、ただ描かれる悲喜こもごもや人情の機微を楽しめばいいので、覚書程度で。

 

何だこの可愛さは

 単三駆動、SDカード対応、ファインダー付きで、色がパステル系のブルー、フォルムも可愛く、しかも一流メーカー製という、とりあえず見た目が好みなら画質は二の次の私が求める理想を余すところなく体現しきった、伝説のデジカメPowerShot E1を、ようやく入手できた。しかも中古なのにかなりの美品。申し分ない。

 この機種、天下のCANON製だというのに、驚くほど情報が少ない。どれだけ売れなかったんだろう。CANONによると――

“PowerShot E1”は、「リラックス感」をコンセプトに親しみやすさや優しさを丸みを帯びたデザインで表現した新製品である。1,000万画素のCCD と光学手ブレ補正機能付き4 倍ズームレンズ、2.5 型液晶モニターなど、充実した基本性能を備えている。「バニラホワイト」「コットンピンク」「アクアブルー」の3色のバリエーション。また、それぞれのボディカラーに合わせたオリジナルの起動画面と製品パッケージにより、持つ喜びと使う楽しさを演出している。

https://global.canon/ja/c-museum/product/dcc562.html

らしい。オークションでもたいがい放置される悲しい子。何しろ機能が限定された入門機なので、カメラガチ勢からは当然見向きもされず、「2008年にもなったし、そろそろデジカメを買ってみようかな」と手を伸ばしはじめたかつての初心者たちも、なんぼなんでも可愛すぎという見た目に怯み、中身が同じともっぱらの噂のA1000 ISの方を選んだのではないかと推測。

 販売当時の需要が少なかったせいで、中古市場での供給も少なく、ピンクとホワイトは時々見かけるものの、ブルーはなかなか出回らない。中古で古い機種の割に、値段が少々張ったが、まあ、仕方ないかと思う。

 良い機会なので、せっせと手持ちのエネループをリフレッシュ中。エネループのようなニッケル水素充電池は、完全に使い切る前に再充電をするという使い方を繰り返していると、電圧が下がり使用時間が極端に短くなることがある。メモリー効果というらしい。うちの職場でもそういう使い方をして、しばしば「もう使えない」と棄てられているようなんだが、実際には、リフレッシュ機能付きの充電器を使うことで、使用に耐えるだけの状態に戻すことができる。ただ、すでに寿命を迎えた電池や、最初から異常のある電池ではこの手法は無意味なので注意。

作品展は明日からです

 毎年「祐徳さんに言うとくよー」を合言葉に開催される鹿島錦保存会作品展は、鹿島市の祐徳博物館にて、明日からの開催となります。コロナ対策のため、教室はもうしばらく休み。最終日の5月6日に予定されている織りの実演も、果たして開催されるのかどうか今の時点では未確定ですが、会員の力作が一堂に揃う数少ない機会となっておりますので、お元気な方は、消毒に留意され、他の御来場者の方と適度な距離を保ちつつ、ご鑑賞ください。

 大先生が相変わらず元気に駄目出しされていたのには安堵。

 展示準備中の写真。雰囲気だけでもおすそわけ。


 私の記憶違いでなければ、左側の屏風は天地が逆のような……。

  30日現在、祐徳稲荷神社は、桜が満開です。今日はあいにくの雨で残念。ただ、コロナ19の問題もあるので、ご来場のおりは、充分に感染に注意されてください。

D3200で撮影散歩

 毎年、ほとんどの人からも見向きされない桜の樹々を一人で愛でている。町内の老人会で植樹されたらしく、管理も定期的にされているそうだが、基本は放置の模様。毎年綺麗に咲いてくれるし、誰にも邪魔されず、無粋な酔っ払いもいないということで、天気の良い日にのんびりオカリナを吹いたりお菓子を食べたりしながら過ごすのが、ここ十年ほどの恒例行事。

続きを読む D3200で撮影散歩

喜劇急行列車

 昭和の人情喜劇の安心感ときたらもう。出口王仁三郎の血を引いているともっぱらの噂(嘘)の渥美清主演。佐久間良子や大原麗子、小沢昭一なども出演しているが、 私のツボは、寄席によくいる小さいおじさんこと、スリ役の先代圓歌師匠。クレジットによれば、まだ歌奴だった時代。小沢昭一に関しては、若すぎてどこに出ていたのかわからずに、検索して調べてしまった。同様に若すぎて見た目だけでは判別できなかった故先代圓歌師匠にすぐ気づけたのは、あの声の調子のおかげ。名作「中沢家の人々」そのまま。

 もう一つの個人的なツボは、渥美清が専務車掌を務める寝台列車、東京から佐世保・長崎に向かう車両の路線図の中に表示されていた「太良」という駅名。一瞬「わー」とテンションが上がったが、よく考えたらそんな駅は存在しない。太良は町名。駅名は「多良」だから。

 マドンナ役の佐久間良子と二人で散策する長崎の風景も、よくウォーキングで歩く、活水近くの坂とか、グラバー園の周辺で、見覚えがあった。ただし、撮影された当時は、古い瓦ぶきの日本建築が多かったようで、昔はこんな感じだったのかと、逆に新鮮さを覚えた。

 心臓病の子役の血色がやたらといい(しかも小走りとはいえホームを走る)のが気になったけど、他はまあ無難にまとめてあって、たまにはこういうほんわかとした話を観るのもいいかもと思わせてくれた。定期的に見直したい。

※若いころの大原麗子と、昔の新幹線を比べたら、昔の新幹線の方が可愛い気がする。もしかして撮り鉄の素質があるんだろうか。