かくれキリシタン

 副題は「長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅」。読んでみて、私の隠れキリシタンに対する知識が、話にならないほどなまくらだったことに気付かされて猛省。一般常識として、幕府が長崎奉行を派遣して直轄地としていた現長崎市内や、追及の厳しかった大村藩から、佐賀藩の領内に逃れれば、潜伏しながらも何とか命脈を保ちつつ信仰を続けることが出来たという程度の知識はあったが、それ以上の見識はなかったので、かなり勉強になった。著者の後藤真樹氏に感謝。

 地域柄といっていいのか、うちの町内にも名もなきキリシタンの墓がある。長崎方面のウォーキングに参加すると、特に島原や平戸などでは、十字架の刻まれた墓を目にすることがあるが、それらも当然キリシタンのもの。私が一番勘違いしていたのは、ルーツが同じだから、江戸期に潜伏キリシタンとして活動していた人たちの子孫は、禁教令が解かれてから、全員大手を振ってカソリック信徒になったんだろうと思い込んでいた点。潜伏キリシタン、隠れキリシタンという言葉は、外部の者が作った言葉で、当事者たちは「古キリシタン」を名乗ることが多く、長い潜伏期間の間に、隠れ蓑にしてきた神道や仏教と混ざりあい、どちらかというとブードゥーのような土着宗教となっていたことから、カソリックに改宗するということは「復帰」と捉えられ、古キリシタンを守る一派と、復帰組の間で、悶着などもあったらしい。

 禁教令が厳しくなった一つの理由に、改宗した領主の庇護のもとで暴徒化したキリシタンが、神社仏閣を焼き討ちしたり、ご本尊やご神体を破壊したりという暴虐行為を行ったという経緯もあるんだが、その点にもきちんと言及してあって、視点も公平。

 踏み絵に関しても、「信者は新しい草鞋を履いて絵を踏み、帰宅した後それを煎じて飲んだ」なんて、教科書では教わらないしね。当時のキリシタン、意外にしたたか。

 一時資料を確認していないため言及は避けるが、バスチャン関連でかなり興味深い発見もあった。コロナが落ち着いたら、外海や平戸をまわっていろいろと確認してみたい。