今年のおくんちは中止

――ということらしい。来年もどうなるかわからないが、今のうちに笛入れを作っておきたくて、せっせと織っているところ。

 一体何十cm織ればいいんだろう……。

 地元の祭り用の笛は、一本調子の笛ほど長くないのが、せめてもの救い。

 お祭り当日は、入れたり出したりを一日の内で何度も繰り返さないといけないため、両カンのある縦長ガマグチタイプにして、肩掛け出来るようにマクラメでコードを編むのが理想。