キャッツ

 前衛的すぎて人類には早すぎる映像と酷評された、実写版キャッツを視聴完了。身構えながら観た限りでは、当初想像していた以上にキャッツだった。多分ラジオドラマとして音声だけ流されたら絶賛してしまうレベル。不気味の谷を乗り越えられなかった原因の一つは、猫たちに服を着せなかったところにあるんではなかろうかと推察。ほとんどの猫が、毛だらけの全身タイツにしか見えなくて、失笑。ただ、登場シーンでは服を着ていたミストフォリーズやデュトロノミー、バストファージョーンズなどははまっていたと思うので、やはり擬人化する場合には、服の有無って大事なんではなかろうかと。

 たまにいる半獣人フェチの人にはたまらない映像なのかもしれないが、私の眼には、ほとんどのキャラクターは、歌って踊れる気持ちの悪いドラえもんとしか認識できずじまい。

 天下無敵の名作ミュージカルに対するオマージュなのか冒涜なのかと問われれば、どちらかという後者に近い気がする。知っちゃいけない知られちゃいけない世界を垣間見たい人にだけ薦めてみたい。