経理だとぅ( ゚Д゚)

 A先生は以前、城内の会計事務所で会計事務をされていたので、相当経理の作業についてはお詳しいはず。鹿島錦保存会の総会でその手のことに言及されるのは、昔取った杵柄ゆえ。そういえば私が取った杵柄って何があるんだろうとつらつら考えてみたが、さほどない。少なくとも経理作業ではないのは確実。昔から会計事務が苦手、というか、正直反吐が出るほど嫌いなので、誰かに丸投げしたくてたまらない。

 ストレスフルな毎日が続くため、ここぞとばかり、夜に錦に癒しを求めている。こう暑いと電気炉の電源も入れたくないし。今はとにかく、縮みづらい平織り交じりの3-1の図案を単色で織るのが、楽しくてたまらない。現実逃避にはもってこい。こんなことだから複数の色を使う3-3の織りが全然上達しないんだろうけど。

 他の癒し要素として、一部で「企画自体がありえない」と話題になっていたキャッツもAmazonVideoでレンタル。ジェームズ・コーデンのバストファージョーンズはよ。磁石おじさんことイアン・マッケランはガスだそうな。猫の擬人化という方向性としては、杉井ギサブロー監督の名作「銀河鉄道の夜」と同じなのに、えらい酷評のせいで、逆に観てみたくなった。

 今は亡きダジャレの王様和田勉の妻ワダエミが衣装を担当した「プロスペローの本」は、レンタルではなく久々の購入。VHS版は持っていたが、そもそも再生するデッキがもう家にないし、モザイクだらけで作品性が台無しだったので、処分確定。