タクシードライバー

 マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の傑作――らしいんだが、まったくもって私の好みではなかった。撃沈。もっと心に余裕があるときに観れば良かったかも。ラストの後日譚が蛇足気味なのも気になる。そのまま死んだ方が筋立てとしてはすっきりとして良かったんじゃないか、トラヴィス。

 デ・ニーロよりもシビル・シェパードの方に懐かしさを感じたのは、「こちらブルー・ムーン探偵社」が好きだったせい。

 まあ、傑作の誉れが高くても、相性として合う合わないは確実にあるなということで。