うなぎの幇間

 こちらではなかなか観る機会がない噺家さんの高座を観られるのが、たまらなく楽しい。今日の鈴本の中継、夜のトリ、桃月庵白酒師匠の演目は「うなぎの幇間」だった。春風亭一之輔師匠バージョンは、以前かっちぇて落語会で拝見したが、一人一人演出が違うので、同じ演目で筋立てがわかっていたとしても、やはり観たくなる。

 小里ん師匠の悋気の独楽は、初めて聴く運び方。柳家はああやるんだろうか。

 明日は織るよ織りますよ。