鹿島錦の魔法の言葉

 織りが甘かったり、仕立てる時に細かいミスがあったりした場合に、すべてが赦され受け入れられる、魔力を持った言葉が、わが鹿島錦保存会には存在する。

「自分用やっけんよかとよー」。

 この伝家の宝刀を抜いて、何度も自分に言い聞かせたが、やはり限界があった。よかとよー、よかとよー。よか(´;ω;`)ブワッ――ってなったよ、昨日。MPが0。

 トラウマになりそうなので、しばらく織るのに専念する。