合計四枚ダメにする、の巻

 ひとまず錦の裏に金箔を貼るという目標は達成できたものの、とにもかくにも、不手際によるロスが多すぎる。扱い方が下手なせいで、四枚ほどダメにしてしまった。もちろん薄片の処分はしてはいない。たくましくレジンに使う予定。

 それにしても、なぜあらかじめ図書館で金箔の扱い方を解説した本を探してこなかったと、小一時間ほど自分を説教したくてたまらない。「金箔は薄い」という浅薄な知識しかない状態で安易に制作を始めるなど、言語道断でしかないわけで。昼休みの私、お前だ。お前のことだ。

 限られた知識と材料と時間で、どうにかこうにか、正方形に切り取った平織りの裏に金箔をあしらい、四苦八苦して蝶を折り終え、薔薇を作り始めたところだが、どうも、表と裏を間違えて作り始めたようで、その点に関しても悄然としている。真上から見ると金箔側がやたらと目立って、錦の側が全然目立たない。まるで金箔の裏に錦を貼ったみたい。まさに主客転倒。素材が素材なだけに修正も出来ないし、一体全体、どうなることやら。

 多分最後は力業。