家事の合間に読書

 洗濯をしたり食事を作ったりする合間に読書。

「江戸時代人物画帳」は、シーボルトのお抱え絵師、川原慶賀が描いた庶民の絵姿と、それに関する考察がまとめられた本。落語に出てくる願人坊主や掛取り、六部などの解説が興味深かった。

「日本紋様図鑑」、私が以前図案で使ったデザインは、どうもこの本によると平組万字に分類されるらしい。もう図案の基礎となるパーツは先人により考えつくされていて、私らの世代だと、組み合わせを変えて作るしかない気がする。せっかくいくらかでもオリジナリティを出せたと思ったのに、甘かった。

 卍の中央が白く抜いてあるが、織ったら隠れて意味がなかった……。

「結び大百科 新装版」は気に入った。もし蔵書入れ替えで無料配布の対象になれば、私が唾をつけたので、あしからず。三部構成で、第一部はマクラメ、第二部は飾り結び、第三部はそれらの応用。応用ページは少ないが、マクラメと飾り結びが一度に解説してある本は珍しいし、それぞれ図解がわかりやすい。鹿島錦でよく使う鎖結びはマクラメのカテゴリ。相変わらずセロテープを使って糸端を留めて結ぶよう解説してあるけれど、断然指に引っ掛けて結んでいった方が早いから。第二部の飾り結びは、仕立ての飾りにいろいろと使えるはず。マクラメも、太い絹糸を使えばバッグの紐になる。長すぎるヘッドフォンコードは、私の場合は三つ編みにして短くしていたが、この本に掲載されているチェーン編みの方が解くのに便利そう。飾り結びの本は、すでに数冊持っているけど、どれか一冊PCに保存しておくというなら、マクラメも調べられるこれを択ぶはず。古書が安くなるか、もしkindleのセール対象になったら、電子書籍版を購入することにする。他に本を持っていなかったら、新書でも買ったはずなんだが、マクラメの本も十冊以上持っているので、さすがに新書は……。

「リサイクル雑貨総集編」、ちょっとこれは普段使いするにはしみったれすぎるだろうというものもありはしたが、いくつか試してみたいものがあるので、該当ページを撮影して保存しておく。

 残り二冊「お江戸でござる」と「日本のスミレ探訪」を読んだら返却に行く。ついでに落語のCDとハンセン病の本を借りられるように予約しておこう。