実績確認終了

 ただ今電話番をしつつ、居宅からのツッコミ待ち。早速ケアマネをやっている同級生から連絡があり、「入浴介助加算、回数書いてあるけど実績上がっとらんよー」とのこと。確認したら合計回数以外すっぽり抜けていた。しかも二回分計上し損ねて、合計単位も間違っていた。慌てて修正して連絡したが、痛恨の一撃を受けてただいま盛大に悲しみのズンドコ。

 毎月実績確認後は、電話待ちがあるため消耗品の買い出しにも行けず、デイで使っているPCの更新やウイルスチェックをしている。還暦過ぎたスタッフが多いからか、何度説明してもWindowsの更新時は操作感が重くなるということを理解してもらえず、業を煮やして、最新版にアップデートした後、次回更新日を翌月の1日に設定することにした。若干の不安はあるが、基本的に書類の作成に使うだけだから、まあいいかなと。

 Windowsだけでなく他のソフトも更新をするから、立ち上げてしばらくは放置してとお願いしているが、なかなか浸透しない。

 そういえば、介護関係も、業務書類に関して、IT化だなんだと謳われているが、全事業所共通のデータ形式を採用して、メールに添付して、そこから各サービスのソフトに取り込んだり、最低限USBでやり取りするなどして、実績や提供票、計画書、アセスメントなどのデータをやり取り出来るようにしてもらいたいところ。提供票も、いちいち紙に印刷して、手書きで合計回数を確認してって、毎月大変なんだってば。タブレットなどでサービス記録をしているところもすでにあるけど、あくまでも事業所内だけのシステムで汎用性は低く、他の事業所とのやり取りはまだ紙ベース。コピー代も馬鹿にならんわ。

 どうでもいいけどカ〇〇ケ(※)は絶対使わないから。すでに契約解除して何年も経過しているのに、メールがうざい。

※カラオケではない。