アベアルコールまだ?

 アベヤメロコールは増産に増産を重ねていて、批判だろうが賞賛だろうが、国民の声として、矢面に立って受け止めるべき政治家としても、度が過ぎてはいないかと何だか気の毒になってくるが、アベノマスク以上に今私が欲しているのはアベアルコール。自分用ではなく事業所用。手指消毒に使う分は、厚労省主導の優先スキームで何とか確保できているが、環境消毒用が圧倒的に不足している。次亜水系は原料が塩酸だったり食塩水だったりで使用場所が限られるし、次亜塩素酸ナトリウムだけでは不十分(らしい)。出来れば金属部分は高濃度アルコールで消毒をしたい。

 長く欠品が続いていたアルコール類だが、ようやく介護用品の販売業者でも販売再開するようになってきた。ただし、従来と違い、一回の注文可能回数が限られている。まあ高濃度アルコールは危険物扱いで大量に保管するためには届け出が必要だから、しこたま買いあさる気はそもそもないけど、やはり今後のことも考えて、定期的に必要数+αで仕入れたいところ。

 ちなみにFEEDでもマスクやグローブも含めて販売再開。ただし、グローブは一日の購入数が限られ、マスクは、仕入れ値の高騰の関係で、従来の7倍以上の値が付いている。

 梅雨入りもしたらしく、蒸し暑さが日に日に増してきて、そろそろマスクをはめっぱなしというのもしんどくなってきたが、アベアルコールは無理として、ハッカ油を使ってミント水を作ってマスク内の暑さを誤魔化したいので、良ければアベミントオイルを配布してはもらえないかと期待している。

 後アベニシキヨウキヌイトとアベホンキンヨンジュウワリゴタンとアベエアコンとアベユウキュウサンビャクニチもよろしく。うるう年だし、働くのは66日でお腹いっぱい。

※うちの町の経済対策は、旅館業者や飲食業などに支援金を出しつつ、町民には町内で使える食事券1,000円分を配布するというもの。一瞬(‘Д’)ファッってなった。

※古いハッカ油ならうちにあるので試してみる。唇とかに触れても問題ないかどうか確認しないと。原液でなければいいかも。それ以外の部分も、もともと皮膚が弱い人は試さない方がいいと思う。それと、ミント水で感じる涼しさというのはあくまでも体感で、実際に体温が下がるわけではないので、熱中症に気づきづらいという弊害もある。試すなら自己責任で。