予定変更

 新しい図案、十二段織ったところで、あぐりに巻き取っていたオレンジの色が尽きる。この間までの模様に比べて時間はかかるけど、拾うのも織るのも問題なさそう。やはり綾織りのときは、メンズの場合は意図的にソフトに押さえなければならないと痛感。文化系で非力な部類の私ですらそうなんだから、体育会系のメンズはなおさら。

 多分このまま問題なく拾えるだろうなという感触はあるが、経紙が中央に寄ってしまっているため、その部分の花菱がやたらと汚い。このまま織っても時間がかかる上、汚菱を量産するだけかなと考え、残りは平織りにすることに。淡い色の糸でランダムにボーダーを入れて、折り紙にして、ブローチと簪を作ろう。多分蝶とツイストローズになら問題なく出来ると思う。

 次の経紙を立てる前に、斜めに歪んでしまった下側の引っ張り紙を貼り直さないといけない。新しく経紙を立てたら、改めて今の図案で織り始めたい。