8月の落語会は開催されるんだろうか

 8月のかっちぇて落語会、滝川鯉昇師匠と三遊亭兼好師匠の二人会が、果たして無事に開催されるのか気になり、公式サイトにアクセス。今のところは予定変更のお知らせはないけど、これもどうなるかわからない。サイト自体は懐かしのホームページビルダーで作られていて、相変わらずFirefoxだとレイアウトがガタガタ。ネスケとSeamonkyを経て、Mozillaで純粋培養されてきた火狐ユーザーの私としてはちょっと悲しい。これが白鳥師匠みたいにWord製サイトだと、一周まわって尊敬に値するんだが。

 おりがみ陶芸センターよりちょっと先になる程度なので、彼杵経由であれば、会場までの道はさすがに覚えた。目をつぶっても行けると軽く嘘をついてみたくなるくらいには覚えたと思う。行こうと思えばいつでも行ける。問題は会場からの帰り。とにかく混むので、駐車場から出るのが大変。割り込んでいいのかどうか判断できずに右往左往する羽目になる。

 また、佐世保コミュニティセンターは、結構年季が入った建物のため、会場の座席はかなり小さく、前後の空間も狭い。感染症の心配がなければそれでもいいんだろうけど、特に今は会場全体で濃厚接触リレーを起こしかねないのが怖い。アルカスはやはり利用料の関係で使えないのかな。私としては、多少割高になっても、アルカスの方がいい。建物の中に入ったことはないんだけどね、アルカス。