徐々にテレビ視聴再開

 テレワークとは無縁ながら、JR九州ウォーキングも中止、友人との会食も延期を重ねているということで、先々週から「日本の話芸」を観るために、日曜日のテレビ視聴を再開。とりあえずしばらくは週に30分ほどテレビの前に座ることにする。私が民放を観ないのは、単にCMがうざいというのもあるが、それ以上に、ニュースにBGMや声優のナレーションをつけるのが、どう考えても過剰演出で、とうてい耐えられないから。ちなみにキャスターがVTRの後、自身の意見を押しつけがましく語るのも嫌い。「お前の意見などどうでもいい。公平な視点で編集された客観的かつ正確な情報をくれ」とイライラが募って仕方ないため、よほど興味のあるコンテンツを扱うのでなければ、今後も民放は視聴しないつもり。

 それにしても、PrimeVideoの落語関係のコンテンツって、たいがい貧相。もちろん無料対象分のことなんだが、とにかく絶対数が少なすぎる。NHKオンデマンドに期待して検索をしたら、Amazon経由で観られるのは、見放題パックの分だけで、現在三本のみとのこと。どういうこと。だいたい受信料を払った上に配信料を払うのも釈然としない。Youtubeの違法アップロードの方がよほど数も種類も充実しているっていう状況、やばくない? 

 先日登録したプラス松竹も、観たい作品は多いが、とにかくそのためだけの時間がなかなか取れないため、個別にレンタルした方が早い気がする。ただ、契約料は毎月330円だから、月に二本観れば元が取れるもんなあと思案中。

 落語に関しては、PrimeMusicの方が充実しているので、そちらメインがいいのかも。特に織りながら聴く分には、音だけあればいいし。

※PrimeMusicをunlimitedにアップデート。聴ける曲が200万曲から6500万曲に増えたから、当然落語のアルバムも比例して聴けるようになるかと思ったら、そうでもなかった。悲しい。appleのストアの方で見つけた白酒師匠のアルバムがラインナップに加わるのいつ?