糸を通し間違えている

 念のために書いておくが、私は別に安倍首相信者ではないので。少なくとも安部と安倍を混同して使ってもにわかには気づかないくらいだし、修正する気も起きない程度にはどうでもいい。ただ、政治姿勢や見解の相違を糾弾するために、彼の持病を持ちだして個人攻撃する人間も充分下劣だと思うし、スケープゴートとして糾弾するばかりで、建設的な新型コロナウイルス対策を一向に講じようとはせず、あまつさえ政権奪取の好機としてすら認識していそうな野党にうんざりしているというだけ。全国的な感染拡大対策のためのゴールデンタイムをサクラだモリカケだで浪費した野党を、私は生涯支持しないつもり。一日本国民として、私が求めているのは、決して清廉潔癖な政治家ではなく、多少ダーティでも有能な政治家。ダーティ過ぎればさすがに抵抗感を覚えざるを得ないが、清廉すぎて思考が宇宙に飛んでしまったポポ山元首相のような歩く愚善には、悪いけど用はない。あの人は、篤志家とか慈善事業家としてなら、相当名を残せただろうにと、逆に残念でならない。

 杉田水脈などに関しては、政治家としての力量以前の問題なので、支持者もろともマリアナ海溝の最深部に沈んでオンデンザメにかじられてしまえばいいのにと、ひそかに願っている。

 同じくらい海の深い部分に沈めたいのが、錦を織る上での失敗。やっとゆとりの感覚がつかめてきて、今の模様に関しては幅が縮むということはなくなったが、糸を通し間違えたのを見落としてしまっていた。

 ピンクの鹿子の中に、黒の糸が一点混ざっているのがわかるだろうか。私の中のきっちりやりたい天使と楽したい悪魔が協議を重ねた結果、上からつまみ細工のパーツを貼る部分にするから問題ないということで落着した。