クラフト全然関係ない

 杵藤地区広域市町村圏組合のサイトに、認定調査が出来ない場合の対応が掲載されていた。


新型コロナウイルス感染防止のため、要介護・要支援認定申請者への面会が困難で認定調査ができない場合は下記のとおり取り扱うことになりましたので、お知らせします。

1.新規申請・区分変更申請の場合
  ・通常どおり、要介護・要支援認定申請書を提出します。
  ・面会が可能になった後、認定調査を行います。

2.更新申請の場合
  ・通常どおり、要介護・要支援認定申請書を提出します。
  ・現在の介護度での認定有効期間の延長を希望される方は、要介護・要支援認定有効期間延長申請書(別紙)を現在
   の有効期間内に提出していただくと、認定有効期間を12ヶ月延長します。
  ・現在の介護度での認定有効期間の延長を希望されない方は、面会が可能になった後、認定調査を行います。


 延長以外の申請をする場合、要支援と要介護の境界線の人が困るかなあ。要介護の人だけしか使えない事業所の場合、要介護1の人が更新後要支援になったら、その期間のサービス料金を全額負担しないといけない。うちの場合は自主事業という奥の手があるので大丈夫なんだけど、期間延長以外はうかつにサービス拡大や変更をしない方がいいかも。