アサリの殻棄てられた?

 昨夜、味噌汁から救い、もとい、掬い出した貝殻を使った根付を作ろうと思ったのに、置いたはずの場所にアサリの殻がない。もしかしたら母が勝手に捨てたのかもしれない。

 根付の代わり――にはならないが、両カンのミール皿を使って、耳が痛くならないマスク紐鹿島錦バージョンを作ってみた。材料は多分日本全国どこのご家庭にもある鹿島錦の端切れと、丸銅板と、ワックスーコードと、ナスカン。それと伊勢神宮のお守りに使われていたタイガーズアイ。短めに作った方が、しっかり締まっていいかも。

 加賀友禅の工房が染めた布で作るマスクに合わせて着けてみたい。

 これは内径14mmのミール皿に無理やりはめ込んでいるが、内径12mmの両カンミール皿と1cmの丸銅板の組み合わせが、錦を貼るのにちょうど良い。サイズを勘違いしてカットして、四苦八苦して調整したため、真ん中からどえらいずれている点は、気にしないでもらいたい。他人様から気にしてもらわなくても、作った私が一番気にしている。

 12mm内径の両カンミールも買わないと。