目標到達

 印をつけて「ここまで」と決めていた長さまで、平織り交じりの網代を無事織ることが出来た。あぐりに巻いた糸が尽き次第、次の模様に入れる。その後は3-3の図案の練習。会の皆さんはどんな図案で織っていらっしゃるのか。白漆を織られているy-chiさんのはブログで拝見できるけど、他の方の織りが気になる。織るのも勉強だが、見るのも勉強。同じ図案でも、一人一人色の入れ方が違い、それぞれに個性が出るため、教室に参加できた時は、出来るだけ見学するようにしている。

 そういえばy-chiさんは、一昨年の実演の日にも白漆で織られていたっけ。私は基礎織りの途中で、今織っているのと同じ平織り交じりの網代を、黒一色で織っていた。他の方はSNS派なのかなあ。なかなか検索に上がってこない。

 なお、今回の作品展、出品していらっしゃらない方もいて、もしかしたら総会で決定したことに、静かに反意を表明していらっしゃるのかもと思ってみたり。杞憂であればいいけど。

※県内でも有数の規模の病院である嬉野医療センターは、移転後まだ一年も経過していない。旧い建物もまだ充分使えるはず。今からでもメンテナンスすれば。幸いまだ二桁どまりの県内の軽症者療養に活用出来そう。問題は人員確保と、その財源。消耗品の確保も相当必要。それから地域住民の説得。隣の嬉野温泉病院のことも考えないといけないか。

※googleのリマインダーから削除し忘れていて、もうすぐ落語会という通知が届いていた。本来であれば今度の日曜日は、かっちぇて落語会だった。東京の寄席も、緊急事態宣言を受けて、GW明けまで休みらしい。コロナの話題は、ちょっと前までまくらのネタに過ぎなかったのに。アビガンやイベルメクチンが希望をつないでくれればいいが。