口金待ち

 早く出品作を仕上げて、織りに戻りたいところ。今日、次亜水を首からぶら下げて私用で出かけたついでに、貴和製作所メルヘンアートなどのパーツ類を購入。

  • 帯留め台丸型
  • メタルカボション二種
  • 指輪台丸型
  • ウッドビーズ
  • 淡水パールビーズ
  • エンドパーツ付きカニカン

 検索してみたら、小さい帯留めなども商品として出回っているようなので、半球型メタルカボションを使って、同じ綾の錦で、ドーム状の帯留めと指輪をセットで作ることに。私は着物を滅多に着ないし、着てもさすがに帯締めまではしないから、実用的かどうかはわからないけど、まあ、最悪ループタイ用のパーツとして使えるかなと。

 今時おしゃれでループタイなんてしている人見たことない(補聴器用などはもちろん除く)と思ったが、検索してみたら、綺麗なものもある。

 この間買った絹の唐打ち紐で作れそう。筒状のエンドパーツを一緒に買ってくれば良かった。

 ミニ帯留めと指輪は今夜にでも完成させられるため、出品作を二点増やして、六点にする。

 ところで、この帯留め可愛くない?