最終兵器マジコ発動

 錦を織らなくても肩がこる族の部族長候補という身分のせいか、錦を織ると輪をかけて肩にくる。なんとなく身体によいと聞けば、明らかに体に悪そうなことまで試さざるを得ない、ちょっとアレな人たちとは一線を画してほしいが、それでも結構な健康オタクのため、今まで色んな健康グッズやサプリを買っては後悔し、注文しては嘆きを繰り返してきた。もっとも、食べる酵素に騙されるほど素直な性格でも純真でもない。だいたい日常生活で口にして有用と言えるのは、非加熱の大根の中にある消化酵素くらいだし、そもそもタンパク質である酵素と菌類である酵母の違いをまるで理解できないって一般常識としてどうなんだろうと思う中、購入以来後悔には程遠い製品の筆頭としてあげたいのが、知らない間に一部商品をマジコと名前を変え販売していた中山式快癒器さん。

 日本国内だけで数千万人はいるといわれる、肩こり協会構成員は、二大派閥として、ストレッチポール派と中山式快癒器派に分類できるという説がある。もちろん嘘なんだが、検索した限りでは、ストレッチポールを推す人も少なくない。あくまでも私の場合だが、ストレッチポールだと頸椎ヘルニアが出てしまうことが多いため、頻度としては、部分的に刺激できる中山式快癒器さんのお世話になることが、圧倒的に多い。

 快癒器さん以外に、肩こり解消に役立っているのが、ストレッチやスワイショウ。スワイショウの存在は、三十年以上前にある胡散臭い新書で知ったが、継続しての実行は困難のまま時間ばかりが経過してしまった。ただ、簡単な運動ながら、肩こりにはかなりの効果があるため、ストレッチやフェルデンクライス同様、時々無性にやりたくなって三日くらいだけ実行する。ちなみにここ数日はスワイショウモードで、だいたい寝る前に落語一本分の音声を聴きながら腕を振ったり、左右に腰をねじったりしているところ。

 それで、昨夜スワイショウの後中山式快癒器の上に寝ていて、ああこの後日課の足裏叩きをやらないととぼんやり考えていて閃いたことがある。

 二球式の快癒器二つを肩幅の感覚で置いて、その上に足の裏(湧泉とか)を乗せて前後に腕を振るタイプのスワイショウをやったら、足つぼ刺激も同時に出来てよくない? ツボ刺激は効果が分散しないように一度に刺激する箇所を制限したほうがいいとは聞くが、どちらかというと筋肉をほぐして寝つきを良くするのが目的なので、足裏をほぐす感じで試してみたくてたまらない。

 なお、現時点で所持している中山式快癒器は

  1. 一度でOK六球式
  2. 通常タイプの四球式
  3. 通常タイプの二球式
  4. マジコになって以降のふわふわピンク四球式
  5. マジコになって以降のふわふわピンク二球式

 便利なんだか便利じゃないんだか、実際使っても今一つわからない六球式は納得出来るが、ふわふわマジコはなぜ販売中止になったんだろう。通常タイプの二球式がもう一個あれば、足の裏にあてがうのにバランスが良いということで、Amazonにお急ぎ便で注文。鳥栖の倉庫に在庫があればすぐ届くはず。座った状態で両方の太ももの下にそれぞれあて、体を揺らして刺激したりもできるかな。使い方をいろいろと検討しなければ。基本的にだらだら使えばいいので、その点は努力皆無で楽。