そこはかとなくロンダリング

 系列事業所の分の実績確認を済ませ、書類を届けに行くついでに、ラスカルをイメージキャラクターにしている某地方銀行のATMまで出かけたところ、警備会社の方が現金回収をされていた。作業終了まで20分近くあったため、みかんのバス停が目印、小長井漁協の直売所で砂抜き要らずのゆりかごアサリを購入し、再度ATMに。ちょうど作業を終えられたところで、「どうぞ」と促され中に入り、「自動扉電源いれます」「はい」という確認の合図をBGMに、四万円ほど引き出した――はいいんだが、なぜかやたらとお札の枚数が多い。普段はアブラサスの薄型財布を愛用している私としては、諭吉が四人の方がありがたかったんだけど、意に反して出てきた四十人の英世を前に、しばし途方にくれる。

 とりあえず脱英世を果たさなければ薄型財布がとんでもないことになるため、帰り道にある、手数料無料の別のATMで、いったん英世軍団を金融ワールドに送り返し、改めて諭吉にご降臨を願った次第。

 それはそうと、小長井漁協のゆりかごアサリ、価格は1kgで1,080円。この間買ってバター醤油炒めにした分は、結構身が詰まっていて、味も濃くて、美味だった。今回は汁物にする予定。何年期前に仕入れたトリビア。お湯に入れるのではなく、水から入れて加熱すると、実がぽろぽろと簡単に外れるそうな。教えてくれたスタッフのおばさん、ありがとう。