残り9mm

 予定の14cmまで、残り9mmとなった。地味な作業ではあるけど、さすがに織り始めて二年以上経過しているため、特に苦労はなし。荒削りしたままだが、この間作った細いヘラも役立っている。

 ある程度縮んで以降は縮まなくなったから、このまま30cm40cmと進めそう。まあ、経紙の幅が17cmあまりと、もともと狭くて、作られるものも限られているため、適当なところで切り上げる。もう1枚同じ幅のものがあり、他にも未使用の本金2反、色漆が1反半、銀が1反、黒漆が1反あるから、しばらくは買わなくて大丈夫。あ、でも青貝とかレインボーは欲しいかも。会でまとめて買う方が断然安いけど、「錦は金」が座右の銘(多分)の先生が渋い顔をなさるので、越前屋さんから色んな変り経紙を調達したいという思いを封印中。私が入会したことを喜んでくださっているので、失望させるようなことは可能な限りしたくない。

 今日も今日とて落語を聴きつつ織った。入船亭扇遊師匠と、柳亭市馬師匠。どちらもすごく聴きやすい。三十石は、先代文枝師匠のイメージが鮮烈だったが、市馬師匠の噺を聴いてみたら、江戸っ子版も良い感じ。若干短くなっていたので、本寸法でも聴いてみたい。残りは明日、インストゥルメンタルのアルバムを聴きながら織る。Prime Videoも、無事すっ飛ばしていたピカードの第6話を配信してくれたし、まあすでに7話を観たから話の筋はわかるんだが、せっかくなので今夜視聴することにする。

 今回の本金は、文化祭前に織り上げて、以前より大きい鶴を三羽作って間に合わせればいいため、作品展用にいくつか仕立てつつ、のんびり進めたい。

 さて、出品予定の作品は――

 秘密(‘ω’)ノ

※防音室の中を掃除&整理。知らぬ間にいろんなところが汚れていて愕然とする。YAMAHAのアビテックス、もともと笛の稽古のためにリースしていたものなんだが、リース期間満了後買い取って、いつの間にか極狭の秘密基地に。今日も整理して空いたスペースにおモバイルPC(おPanaさんのお高級おレッツノート)とおスキャナを持ち込んで、作業をしながら自炊が出来るよう配置。

 現時点で防音室以外に私が作業するのが、1Fの8畳の仏間と2Fの12畳の自室と、アトリエ代わりに使っていた6畳の和室。後は離れの小さなダイニングキッチン。仏間は別として、自室とアトリエは、いい加減に不用品を処分してそれぞれ広く使い、仕事と食事時以外は、離れで一人安穏と過ごしている母から苦情の絶えないダイニングキッチンの用具類をアトリエに移動したいんだが、やることが多くてなかなか作業が進まない。家自体も古いため、物が多く、祖母が買ってくれた勉強机も捨てられず、部分的にこどおじ部屋になってしまっているが、本とDVDをデータ化するだけでも、ある程度は片付くはずだから、織りながら自炊していくつもり。 バックアップは常に複数のHDDとオンラインストレージにしているので、ぬかりはない。12畳の部屋なのに、現状3畳くらいのところで寝起きしているような錯覚にとらわれるって、かなり、やばい。

※アビテックスを借りようと考えている人、冬は小さなヒーター程度でも室内が充分温まるけど、夏はクーラーが無かったら地獄なので、エアコン付き必須。それと、私のように換気扇を滅多に使わない人は、夜間など扉を開けて室内を乾燥させないと、冬でも中のものにカビが生えたり錆びたりするから、その点も注意。