残り9mm

 予定の14cmまで、残り9mmとなった。地味な作業ではあるけど、さすがに織り始めて二年以上経過しているため、特に苦労はなし。荒削りしたままだが、この間作った細いヘラも役立っている。

 ある程度縮んで以降は縮まなくなったから、このまま30cm40cmと進めそう。まあ、経紙の幅が17cmあまりと、もともと狭くて、作られるものも限られているため、適当なところで切り上げる。もう1枚同じ幅のものがあり、他にも未使用の本金2反、色漆が1反半、銀が1反、黒漆が1反あるから、しばらくは買わなくて大丈夫。あ、でも青貝とかレインボーは欲しいかも。会でまとめて買う方が断然安いけど、「錦は金」が座右の銘(多分)の先生が渋い顔をなさるので、越前屋さんから色んな変り経紙を調達したいという思いを封印中。私が入会したことを喜んでくださっているので、失望させるようなことは可能な限りしたくない。

 今日も今日とて落語を聴きつつ織った。入船亭扇遊師匠と、柳亭市馬師匠。どちらもすごく聴きやすい。三十石は、先代文枝師匠のイメージが鮮烈だったが、市馬師匠の噺を聴いてみたら、江戸っ子版も良い感じ。若干短くなっていたので、本寸法でも聴いてみたい。残りは明日、インストゥルメンタルのアルバムを聴きながら織る。Prime Videoも、無事すっ飛ばしていたピカードの第6話を配信してくれたし、まあすでに7話を観たから話の筋はわかるんだが、せっかくなので今夜視聴することにする。

 今回の本金は、文化祭前に織り上げて、以前より大きい鶴を三羽作って間に合わせればいいため、作品展用にいくつか仕立てつつ、のんびり進めたい。

 さて、出品予定の作品は――

 秘密(‘ω’)ノ

※防音室の中を掃除&整理。知らぬ間にいろんなところが汚れていて愕然とする。YAMAHAのアビテックス、もともと笛の稽古のためにリースしていたものなんだが、リース期間満了後買い取って、いつの間にか極狭の秘密基地に。今日も整理して空いたスペースにおモバイルPC(おPanaさんのお高級おレッツノート)とおスキャナを持ち込んで、作業をしながら自炊が出来るよう配置。

 現時点で防音室以外に私が作業するのが、1Fの8畳の仏間と2Fの12畳の自室と、アトリエ代わりに使っていた6畳の和室。後は離れの小さなダイニングキッチン。仏間は別として、自室とアトリエは、いい加減に不用品を処分してそれぞれ広く使い、仕事と食事時以外は、離れで一人安穏と過ごしている母から苦情の絶えないダイニングキッチンの用具類をアトリエに移動したいんだが、やることが多くてなかなか作業が進まない。家自体も古いため、物が多く、祖母が買ってくれた勉強机も捨てられず、部分的にこどおじ部屋になってしまっているが、本とDVDをデータ化するだけでも、ある程度は片付くはずだから、織りながら自炊していくつもり。 バックアップは常に複数のHDDとオンラインストレージにしているので、ぬかりはない。12畳の部屋なのに、現状3畳くらいのところで寝起きしているような錯覚にとらわれるって、かなり、やばい。

※アビテックスを借りようと考えている人、冬は小さなヒーター程度でも室内が充分温まるけど、夏はクーラーが無かったら地獄なので、エアコン付き必須。それと、私のように換気扇を滅多に使わない人は、夜間など扉を開けて室内を乾燥させないと、冬でも中のものにカビが生えたり錆びたりするから、その点も注意。

トイペ騒動

 以前、とある眼科医に、初期の緑内障という診断を受けた母。処方してもらった点眼薬が合わず、副作用が出たため、大叔母を診察してもらっていた、別の眼科医のところを尋ねた。眼底検査があるかもしれないので、念のために私が運転。早めに家を出すぎて、診察開始までの時間を持て余し、樹齢340年のオオチャノキを見物に。

 お茶ってやはりツバキの仲間なんだなあと実感。普段抱いているお茶の木のイメージって、葉を摘まれ枝を刈られてこじんまりとした印象なんだが、解放的に育ったお茶の木は、なかなかの樹勢を見せる。

 受診の結果は、現時点では緑内障の心配はないとのこと。一安心。私も祖母と大叔母と何年も介護を続けてきて、かなりの時間を費やしてしまったので、もうしばらくは何もしたくない。まだまだしっかりしていてもらわないと。

 家を出る時から、受診の後、ご利用者様用に取っ手付きお椀を買うと母が言っていたので、薬局で新しい点眼薬の支払いを済ませてから、一路鹿島のユートクに。ユートク自体は太良にもあるが、購入予定のその商品は置いてはいない。取り寄せてもらうより自分で買いに行った方が早いということで、直行。

 ユートクの駐車場で、買い物をする母を待っていて気づいたんだけど、いつもより客の出入りが激しい上、ほとんどの人がトイレットペーパーを手にしている。今朝がた、カルディグッズを送ってくれた東京の友達が、トイレットペーパーを買いに出たら、買い占められて在庫がなかったと嘆いていたことを思い出し、ああ、このことかと納得。調べてみたら、SNSで紙類が入手できなくなるというデマが拡散したらしい。見たところ、SNSにどハマリしているようには見受けられない60代以上と思しき方が多かったので、大方仕事に出ている息子や娘からの依頼ではないかと推察。まったくもーと半ばあきれていたら、驚くなかれ、母も一パックトイレットペーパーを持っていた。

「あんたこの間コスモスで買ったやろ」と思いつつ理由を訊いたら、「皆買ってたし、お一人様2パックまでって書いてあったけんがー、安売りしよるばいと思って ( *´艸`) 」って。

……母。

 最近すっかり春めいていたせいか、すっとぼけていたのはどうも母だけではないようで、Amazonさんにもしてやられた。もう何年も連続ドラマを観ていない――日本のドラマなんて二十年は観ていない、また、観たとしてもストリーミングやDVDでまとめてという視聴方法を取り、今後もオンタイムでは観なくていいかなあと考えていた私が、久しぶりにハマってPrime Videoで追っかけ視聴している、スタートレック/ピカード。皆大好きTNGの後日譚で、提督に昇進し、それから艦隊を自主的に退役した、パトリック・スチュワート演じるJ.L.ピカードが、有能な部下で友人だったアンドロイドのデータ少佐の娘を、ロミュランのタル・シアーから守るために再び宇宙に出る話で、ジェリー・ライアン演じる元ボーグのセブン・オブ・ナインなども出てくる。今日もわくわくしながらアプリを起動してチェック、受診の付き添いの時に車内で観るために、嬉々としてこの間初期化したばかりのタブレットにダウンロードして、いざ鎌倉と再生を開始したところ――

エ ピ ソ ー ド が 1 話 分 飛 ん で い た 。

 この手のドラマで前回の流れをおさらいする時に必ず流れる「ぷれぇびゃするぃー、おんすたぁとれっぴかー」の後で始まる展開が早すぎてまったくついていけずひとしきり混乱。何でピカードがもうボーグキューブに乗り込んでるの? なんでソージがもうアクティベートしてんの? しかも二人で逃げてるし。

 すぐに、「あ、これ一話分飛んどるやん。Amazonやらかしとるやん」と気付いたけど、どうせやることもないのでそのまま視聴。今はすでに視聴不可になっているのかな。私の場合は、朝方ダウンロードしておいたし、車の中では常にオフラインだったため、Amazonに邪魔されず、無事に通して観ることが出来た。

 以下、ネタバレ注意。

 本編開始後すぐ登場した、なんちゃってもののけ姫みたいな恰好の狩人系少女が、まさかライカーとディアナの娘とは。髪の色が地球の遺伝の法則を無視しているけど、多分ベタゾイドの遺伝子のせい、きっとそう。お久しぶりのライカーはすぐわかった。反面、ディアナはTNG当時とはメイクも違っていて、すぐにはカウンセラーとはわからなかった。スターゲイトSG-1で、ロシアのゲート科学者としてゲスト出演していたっけ。あれからかなり経ったもんなあ。変化が激しくて当然かも。幾重ものシールドに護られて、タル・シアーに襲われる心配もせず、レプリケーター製ではない、土で育てたトマトを使ったピザを食しつつ、しばし平和な一時を過ごすピカードと旧友たちの姿に、涙。

 それにしても、飛んだ話の分も、おおまかにだけど筋がわかってしまい、喜んでいいんだか悲しんでいいんだか。でもおかしいなと思っても観らずにはいられないよな、やはり。抵抗は無意味だ。

 ガイナンとかQまだ?

出遅れた私が悪いわけですが

 非接触型体温計が見つからない。見つかっても通常時の10倍以上の値段で売られている。良心的な価格だと思ってクリックしようとしたら、送料が……。

 商品の値段を設定するのは販売者なので、その時々の状況に応じて、希少価値を上乗せして通常よりも高値で売ること自体は、まあ、仕事だしねで済ませられるんだけど、送料で表示を誤魔化すのは、フェアとは言えないのでは。

 最終的にどちらを買うかって?

 ど っ ち も 買 わ な い 。

 適正価格で再販されるのを待つつもり。今回間に合わなくても、次に間に合えばいいです。

生成り投入

 漂白をした白とは違い、ややくすんだ印象のある生成りだが、他の色と組み合わせれば、対比で否応なしに白く映える。

 以前Kさんから頂いた14番の糸が無くなり、残りのピンク系は会から昨年のお歳暮の返礼にと頂いた3番、それから14番同様Kさんから頂いた161番と165番。糸のサンプルを持っていないので正確な色名がわからないが、見た感じでは、14番はコーラルピンク風。165はショッキングピンクに近く、3番は薄いシェルピンク。161番はシクラメンピンクのような感じ。以前、糸の残が少ないからぼかしてみようと考え、一番無難そうな161番を一段入れてみたところ、他の色がはっきりしているのと、金の反射とで、14番との区別がつかず、「これならこのまま14番で織って、糸が無くなったら161番でそのまま織ろう」と考えたという経緯があって、そのように数段入れたところ――

 予想したより色の違いが目立つやないかい( ゚Д゚)

 しばし思案し、もともと鶴の翼に貼るために織っているわけだから、翼の先だけ白にしたらちょっと粋じゃない? ということで、最終的に生成り投入。

 当初設定した予定の14cmまで残り3.5cm。印をつけて、そこまで織れたら、乱れた経紙を整えるため平織りを入れて、今度は別の図案で14cm織ることにする。

 そういえば、今日スタッフが言っていたが、陶土を作る会社から福祉用具の会社に転職された方が、玄関に飾ったおりがみ陶芸の作品を見て、たいそう珍しがってくださったとか。良きかな。暖かくなってきたので、焼き物の薔薇作りを再開しないと。

鹿島錦教室はしばらくお休みです

 受診後、昼食を摂っているときに、鹿島錦保存会の緊急連絡が回ってきた。今日のミーティングで、新型コロナの感染予防策として、鹿島錦教室をしばらく休みにすると決まったとのこと。

 次回は3/19の開催。この日が休みにならなかったのは、多分、祐徳博物館での作品展の搬入の都合。19日に取りまとめて博物館にもっていき、リストを作る予定はそのままということなんだと思う。

 なにぶん、先生が高齢なので、致し方ないかなと。私ももし感染したら重度化するはずだから、前にもまして気をつけることにする。

最近織るのが楽

 前回の銀の途中から、おそらくは肩の力が抜けたんだと思うが、織るのが楽になってきた。今の模様は、先ほど測ったら、9cmほど。一日でも織らない日があると、織りたくてうずうずとしてくる。

 以前までは「縮む―」「進まない―」と、いろいろな人にウザがられつつも訴え続けて自我の崩壊を防いできたけれど、縮みはしても今のところは許容範囲。進まないのもさほど苦ではなくなった。歯を食いしばりながら取り組んだ基礎織の時は到底到達することがかなわなかった7cmのノルマも楽々――とは言えないかもしれないが、クリア。今回は鶴の翼に貼るのに必要な14cmを織り終えたら次の模様に進む予定ではいるんだが、まだまだ余力を残している。ただし残念ながら糸がない。褒められた対処では決してないが、似た色の糸でごまかすつもり。

 入会してから二年と四ヶ月が過ぎた今、思い返せば、とんでもなく下手だな、すこぶるつきに織りが汚いなと自覚してはいたが、自分が錦を織るのに向いていないのではないかとか、将来もずっと織れないままなのではないかというネガティブな思考に囚われ続けたことはない。織ってさえいればいつかは巧くなるよね、誰だって、という姿勢が、私のデフォルト。ただ、織れるようになるまであきらめずに続けることが出来るのかという不安は常にぬぐえずにいたので、まがりなりにも形になりつつある今、その種の不安を脇に押しやり、素直に織りを楽しめればと思う。この先またいろんな壁にぶつかるだろうし、細糸を使うようになればさらに進まなくなるはず。仕事をしながらの私の二年四ヶ月と、錦に明け暮れた先生方の二年四ヶ月とでは、明らかに濃度も密度も違うだろうけど、今後も自分のペースで続けていこうと考えている。

 まずは鹿島市の成人式の記念品である鹿島錦のストラップをきちんと作るのが目標。次からは作りなさいと念を押されているので、力まない程度に気を引き締めねば。

※後からいつでも好きな時に、誤変換や脱字を修正できるって、往時の天地真理ばりにステキなことね。

今朝の私のファビュラス体験

 ここだけの話、今朝の私は実にファビュラスでゴージャスでアンビリーバブルでワンダフルでエクストラオーディナリーでマーベラスでエレガントでエクセレントな体験をした。

 まあ一言で書けば寝坊したってだけの話なんだが、その分午後は珍しく吐きそうなくらいに書類作りに追われてしまった。

 疲れ果てた状態で二匹の犬の散歩を済ませ、友達から送ってもらったカルディのお菓子をほお張り、織り台に向かったばかりのところ。会の台を返却し、小型の台に変えてから、モニタと織り台と縦に並べる配置でもキーボードを置くスペースが出来て、文字入力がすこぶるしやすくなった。

 明日はかかりつけ医のところを受診の後、午後も休んで織ろうと思っていたけど、急な書類を作る必要性が出たので、今日は入浴の後に織れるだけ織る予定。BGMは故桂枝雀師匠。

 寝坊に関しては心の底から謝罪しておく。

 どうもすびばせん。

猫にゃんにゃんにゃん、犬わんわんわん

 白鳥師匠は「ピザでしたー」というわけで、東京の友達がカルディの限定商品を送ってくれたよ(*’ω’*) いつもステキなものをありがとう。 

 私と同様カルディが遠方にしかない哀しき民達よ。この機会に猫の日限定発売の高貴な猫バッグを堪能せよ。

 春の作品展に出す予定の作品のうち一つは、展示終了後に友達に送るために作ります。間に合え、私のやる気。

医療費控除の問い合わせの季節です

 例年今の時期は、医療費控除の問い合わせがあったり、逆にこちらから問い合わせをしたりします。最初に断っておきますが、鹿島錦もおりがみ陶芸も全然関係ない話。

 医療費控除に関して、介護保険のサービスは、以下の三つに分かれています。

  1. 利用した時点で医療費控除の対象となる
  2. 単独では対象とはならないが、1の申請をする時に、上乗せして計算できる
  3. 一切控除の対象にはならない

 1のサービスは、医療系のサービス。介護保険での訪問看護や、デイケア、訪問リハビリなどになります。居宅療養管理指導も含まれます。

 2のサービスは、通所介護や小規模多機能型居宅介護など。いずれも、「介護保険相当分」であり、実費で負担する食費や宿泊費などは上乗せできません。

 3のサービスは、いささか矛盾を感じないでもないですが、生活援助中心型(掃除や料理、洗濯などの家事が中心のサービス)の訪問介護などになります。身体介護中心の訪問介護は、医療系サービスと組み合わせることで控除対象となります。詳しくは国税庁のページをご覧ください。

 なお、2のサービスであっても、排泄用品を利用事業所から購入された場合は、その代金に関しては医療費控除の対象になります。ただし、初めての申告の場合、あらかじめ主治医から「(おむつの)使用証明書」を発行してもらう必要があります。要介護や要支援の認定を受けられている方で、二年目以降の申請では、使用証明書の代わりに、排泄用品の必要性を証明できる主治医意見書や、市町村が主治医意見書の内容を確認したという書類で申告が可能となります。

 ところで、今しがた県の福祉課の方から電話があったんですが、どうも福祉課に出さないといけない書類を長寿社会課宛に出したっぽい。辛い。今月中に助成金関連の書類を改めて長寿社会課宛に出さないといけないのに。辛い。