2019/6/20 鹿島錦木曜教室

 木曜教室がランダムに開催されているのではなく、私がランダムにしか参加できないだけですよと、誰にともなく釘をさす試み。

 毎度毎度午前中のみの参加ですが、今日は助成金の書類と請求書を仕上げるために午後から出勤することとなりました。朝出かけるのが遅くなり、到着したのは九時半頃。どうも作品のお披露目はなかった模様。今まで中糸と細糸しか見たことがなかったのですが、織り始めて間もなく、大先生が太糸を見せてくださいました。上品なタコ糸という感じで、不思議。もうすぐ103歳の大先生、25割の経紙と太糸の組み合わせで、現在もご自宅で織られているとのこと。私が始めたころは、もう会の方では織られてはいませんでした。一度拝見したかったかも。

 佐賀から見えているF川さんも、久しぶりに休みを取れたとのことで、毎度ながら美味しいお菓子を頂戴してありがたい限り。途中、鹿島錦初心者練習日記のy-chiさんの織りも見学させていただいたり。それにしてもなんで皆あんな綺麗に織れるん?(´;ω;`)

 早めに出てきてくださって毎回お借りしている場所の掃除をしてくださるIさんからは、印鑑入れ用の型紙を見せてもらいましたので、さっそく自分でも(型紙を)作らねば。綺麗に仕上げるなら11cm程度織った方が確実とのことでした。……目標にするにはまだ遠い。

 M永さんがご友人から頂いたという佐賀錦のリバーシブルのペンダントも興味深い感じ。フレームではなく、鎖を周囲に貼り付けて制作されていました。

 お菓子をいろいろいただいた後、北鹿島の大地まで行って、頼まれていた麹を調達。甘酒にして高齢の利用者様に差し上げるのです。その後ララベルで買い物をして、ポイントカードと間違えてキャッシュカードを出すという度し難い失敗をしたりして帰宅。何とか仕事には間に合いましたが、まだ体調が完全には戻っていないので疲れた。今夜は早めに寝ます。