図案と朝顔を整理

 発芽が悪くて危ぶまれていた朝顔たち。彩の光も無事発芽して、東京から送ってもらったお子らは全種類育てることが出来そうです。満を持して、発芽に使っていたヨーグルトのカップから、大きな鉢に植え替えました。土が足りなくなったため、永寿楽と彩の光は、月始めの実績確認後の植え替えになります。

 今まで描いた図案も、暇を見て整理しています。そのまま織れるものもあれば、描き始めたばかりの時のものなど、大幅な修正が必要なものもありますが、どれも愛しい。複雑なものでも、上達していくにつれて、綺麗に織れるようになればと願いつつ、印刷してファイリング。

 そういえば、「新しく始める人が増えてきましたねー」と先輩方に話したら、「うーん、でも辞める人も多いから」との答えが返ってくることがしばしばあるので気になっていました。あの方が辞めた、この方が台を返したという話を聞くと、やはり基礎織りの時点でフェイドアウトする人は、少なくない様子。経験の浅い私が書くことではないですけど、真面目に取り組む人ほど燃え尽きる率が高いような印象。文化祭を挟んで2週間しか差のない、私とほぼ同期のOさんは「忙しいし、家ではほとんど織らんよー」とマイペースだし、私も織るスピードが初心者にしては早いといわれますが、基礎織りの頃から煮詰まったら平織りをぶち込んで、結構ズルしています。それと、他の作業を優先して織らない日ももちろんあります。

 結局、苦心苦慮するところまで含めて、どこに楽しみを見出すかということも関係するのでしょう。私も「おりがみ陶芸の鶴の翼に貼る」という明確な目的がなければ、もしかしたら途中であきらめていたかもしれない。シンプルに多忙で休みがとれないということもあるはずですが、基礎織りさえ終えてしまえば、後は自分の自由。 極端な話、 時間が取れるようになるまで、延々平織りを織ってもいいわけですし、平織りが上達したら、無理して綾を織らなくても模様織りを試してみてもよさそう。

 私なんて基礎織りの頃から今に至るまでガタガタのグッチャグチャ。しかもごまかしながらやっているので、上達が遅い。それでも何とか力業で織りあげて、拙いながらも作品を仕立てると、達成感で報われますし、先生方も褒めてくださる。次はもっと綺麗に織りたいという欲も出る。多分一生その繰り返し。織るたびにちょっとずつ上達していくだけで、構造はきっと同じ。

 大先生のように、50年以上情熱にあふれて織り続けるということがどれだけ大変か、想像もつきませんが、私も私なりに続けていこうと、自戒を込めつつ。まだまだやめませんよー。

大きくなって……

 去年購入し、挿し芽をするためにぶった切った後、大きめの植木鉢に植え替えたアジサイさん。結構大きくなり、いくつも花をつけています。

 来年はブルーにしたいなあ。アジサイって、土の酸性度で、花の色が変わるんですよ。

 そろそろドライフラワーにする準備をしようかな。

過去記事の復旧中です

 これ何度書いたっけ。

 下書きに移行した記事の数を確認したら、436もあったので困惑しております。今日の陶芸紙での高齢者の皆様とのアジサイ作りは、私の体調不良のため延期になりましたので、いくつか復旧してみたり。

 まあ、飽きない程度に地道にアップしていきます。

 さすがに高齢者の皆様に風邪をうつすわけにはいかなかった。

集団指導です

 介護事業所を対象とした自治体の集団指導、私は管理者ではないですが、相談員であり、同時に、レセプトを行う都合上、出席しないといけません。県の方の定員19名以上の通所介護の集団指導は、日付は失念しましたが、月曜日に開催されるとのこと。一安心。去年は広域の方が確か木曜日で、しかも開催時期が遅く、午前中鹿島錦教室に参加した後、塩田まで足を伸ばし、灼熱の車の中に織り台を放置する羽目になって、気が気ではありませんでした。何事もなかったから良かったものの、もしお借りしている台に何かあったら弁償しなければいけないところでした。

 今日は風邪&相談業務のため、錦教室を休みました。頼んでいた本金の経紙二反、いつ頃届くのかなあ。 

 明日は午後から高齢者の方とおりがみ陶芸。いよいよアジサイの壁飾りby高齢者の皆様の制作です。間に合え、六月に。もちろんマスクと消毒薬必携。細かい指導は、スタッフに任せまる予定。今日も風邪薬を飲んで早めに休みます。

昔々のことぢゃった

 正確には三日前の話。6日は仕事で行けなかったため、23日の鹿島錦初心者教室の日は休みを取る気満々でいたのですけど、スタッフから連絡を受け、急遽相談員として大浦の方に詰めることになりました。泣いたかどうかは秘密。

 色づき始めたアジサイに慰められる……。

 蛍は、多分今週末から来週あたりがピークでしょうね。目いっぱい楽しまねば。

苦節八年

 ――と、subjectで軽く嘘をついてみたり。東京の友達が送ってくれた変化朝顔が、ようやく発芽してくれました。写真はいずれも今朝の状態。

 こちら香炉峰さん。

 続いて宝幸白大臣さん。

  今年の陶芸紙製のアジサイは、工程をハートフルに進めて壁飾りタイプにする予定です。

発芽が悪い

 今年は、いつもと比べて、蒔いた種の発芽率が悪いような印象を受けています。統計を取ったわけではないため、あくまでも個人的感想。

 こちら、玄関脇に移動した鉢植えのアジサイさんの御近影。

 ガクの部分が八重になっているお子です。丸ごとは難しいですが、一つ一つの花であればドライフラワーに出来るそうなので、試してみます。5/24には、おりがみ陶芸で、高齢者の皆様とアジサイを作る予定なのですが、どういう風に作ろうかなあ。

 2017年バージョンはこんな感じ。花の中央に貼っているのはスワロフスキーのラインストーンです。

  2018年バージョンは遊び心優先。

 あくまでも仕事の一環ですよ。

母の反応が薄い

 作品展に展示していたペンダントを二つラッピングして、昨日の母の日にプレゼントした――はいいのですが、母の反応が薄すぎるにもほどがありました。

 ギフトバッグを「あら、何やろか」と笑顔で受け取った後に「中身はこの間の展示品のペンダント」と答えたら「……ふーん」と鼻であしらわれる感じ。

「母の日をそのまま命日にしてやろうかあぁぁぁああ」と心の中で叫んだかどうかは秘密。まあ、作品展を見に来ていたというのもあるのでしょうね。ちっ。親め。

 それはさておき、ここしばらく大流行している風邪にかかり、私も若干体調を崩して、錦が全然進んでいません。出来るだけ早く紛金を織りあげて、次は本金にして、友人達に配る印鑑入れと、25cmサイズにカットした陶芸紙でこさえた鶴のひな飾りを文化祭に出品したいのですけど、果たして間に合うのか。

 とりあえず、整え体調。

数値よ……

 いずれも軽度ながら、持病を複数抱えていて、定期的に受診の必要があります。ここしばらく、下手くそなりに深夜まで錦を織っていて、寝るのが遅い上に、夜間に中途覚醒があって、疲れがたまっていたこともあり、運転するのが億劫と、数回かかりつけ医のところに行くのをスルー。薬も当然無くなり、しばらく飲んでいなかったところ、この間の嬉野医療センターの検査で想定外に高い数値が出て、担当医より「入院寸前」と言われてしまいました。実は受診した日が鹿島錦の実演の日の翌日で、前日からの疲れもあり、面倒だからすっぽかそうかと考えていたんですが、検査がいくつか入っておりまして、しぶしぶ受診して発覚したわけです。実は、私の人生における唯一の自慢は、生まれてこの方45年、新生児の時以外は、一度も入院を経験したことがないということ。この記録は出来るだけ維持しなければというわけで、健康のために、犬の散歩の後に、さらに自分の散歩。

 そういえば、今年は桜もつつじも咲くのが早かったですけど、蛍も早かったです。通常はGW頃に初蛍を視認するのに、今年は4月の下旬には飛んでいました。その後寒くなって、数日飛ばなくなり、一昨日あたりから再度飛び始めたという状況です。ピークはだいたい毎年5月の20日前後かな。京都の出町柳駅から叡山電鉄に乗って、貴船で降りて山間の方に道なりに進むと、蛍岩という蛍の名所がありますが、そこに掲げてある立て札には、6月が見ごろと記されていますので、九州とはかなりの差があります。山手の方に移動すれば、こちらでもかなり遅い時期まで蛍を楽しめるようです。

 昨日の鹿島錦教室は、書類(研修会の参加申込書他)の整理があったため、休まざるを得ませんでした。24日には、陶芸紙でアジサイを作る約束をしているので、23日の参加も微妙。とりあえず今巻き取っている糸が終わるまで、(普通の糸なので全然隠れていない)隠し糸を入れて織ることにします。

 おまけ。数日織ってみて気づいた隠し糸に関しての備忘録。

  • 初心者でも幅が安定する
  • 縮んだ状態で隠し糸を入れて織ると、自然に広がっていく
  • 布地としての強度が向上する。実用品にはいいかも。
  • 半面、綾を櫛で梳いたように見える上、織りの上達も遅くなる(はず)