2018/10/18 鹿島錦木曜教室

会場のエイブルから「掃除や準備の都合があるので九時前には入館しないでください」という通達があったという話で教室は騒然としていました(誇張)。私が到着した時点では、エイブルの前は結構な人だかりでしたけど、その方達にも同種の通達があったんでしょうかね。なおその方々は、鹿島錦保存会のメンバーではなく、ホールで作品を展示される予定の、さが夢大学鹿島校の皆さんでした。私は今日も午前中のみの参加でしたが、帰りしなに搬入されているのをチラ見したところ、いろいろなクラフト作品があるようで、食指が動きまくり。時間があれば後できちんと見学に行きたいなあ。でももしかしたら文化祭までそのままなのかもしれませんね。

到着してすぐ、F島さんが、黒漆に黒糸で織られた錦で制作されたバッグを披露されました。確か先々週織られていたと思うのですが、もう仕立てられたのですね。他にもそのまま背負って行商に出かけられそうなくらいの数の印鑑入れや名刺入れを持参されていました。それにしても織りが正確ではやい。今は息子さんに頼まれて、青貝で織り始められたところだそうです。

町内の某自転車屋さんと親戚になられるというY永さんにも久しぶりにお会いしましたが、昭和の頃に仕立てられた帯締めを持参されていました。大先生とA先生と、文化祭に、昭和の時代の作品を展示されるとのことで、非常に楽しみです。その当時は経紙の長さは、今の会の規定の物より短かったそうで、しっかりとは締められなかったらしいです。ちなみに先生方のテーブルの隣で作業している関係で、いろいろなお話を 盗み聴き 聴かせていただけるのですけれど、大先生の「あんた角帯ば二本持ってきーしゃいよー」との言葉に、A先生、すかさず「荷物になるとに……」とつぶやいておられて、それが可愛すぎました。

織りの最中、今年から文化連盟の担当をされているM永さんより、鹿島市の文化祭のパンフレットも配られました。全員分準備してあるとのことでしたので、当日までに行きわたるはずです。表紙はなんと鹿島錦。五十周年記念に制作された屏風がどでんと印刷されていて、撮影時のホワイトバランスの設定のせいか、実物よりかなり赤みが増した色調でしたが、「これでもくらえ!!」というインパクトの強さは健在。

なお、鹿島錦保存会の会員作品の展示場所は昨年同様にエイブル二階。テーブルの数は昨年より二つ増えたとのこと。ちなみに普段鹿島錦教室が開催されているのはエイブル三階の生活文化室ですが、今年は美術陶芸作品が展示されるとのことです。湾岸戦争当時、「おりゃフセインと同じ名前ばい」と嫌そうにおっしゃっていた、病んでる画風でおなじみのS光先生が当日三階会場の統括をされるようです。去年、別の建物での展示を、恩師に見つからないようにこっそり見学するというミッションに無事成功しましたので、今年もチャレンジしてみます。果たして何年目に「君はもしや……」と見つけられるかが私の中で何かの指標になりそうな気がします。

文化祭にどんな作品を出すかを確認するための記入物の回覧もありましたので、私も新しく作る予定のペンダントブローチと、この間作った鶴の置物、それから出したくないけど義務だから出さざるを得ない基礎織と書きました。鶴は、F島さんから「これ、全部錦を貼って、土台も錦で作って、錦尽くしにすれば綺麗よー、がんばれー」というお言葉をいただきましたが、果たして何年かかるんでしょうか。気が遠くなります。全部を錦でくるむなら、芯材に平たく延ばした木粉粘土をカットして貼り付けて、「折ってないけど仕上げれば折ったように見えるなんちゃって折鶴型木目込み(風)置物」でもいけるのかな? とりあえず釉薬はかけなくて済むような気がします。錦を貼らない、柄紙の鶴とセットにしても、柔と剛で面白いかもしれない。

鹿島市の文化祭は、11月2日~4日の予定です。お近くの方は是非に。

エイブルのtwitterより、2017年の文化祭2016年の文化祭。過去ログを漁っていて、おりがみ陶芸センター&不詳私とご利用者様の作品も(ついでに)展示された東京でのイベントの告知も発見。鹿島からは鹿島錦ではなく中原恵峰さんが参加されました。なんと2016年には東京落語界きっての人気者、一之輔と三三がエイブルで二人会!! 私は何をやっていたんだその時は!! 演目が激しく気になる。北九州のアート界の雄、某F地君のトラウマこと、K子先生も展示をやっていらしたようだし、鹿島錦を始めるまで、私の中では国道沿いの風景の一部でしかなかったエイブルの今後のスケジュールは要チェック。ダブルホワイト呼ばないかな。

※102歳の大先生が割と早い時間に見えるので、その前にI田さんはじめ皆さんが教室会場の掃除を済ませるためにさらに早くエイブル入りしないといけないという事情があるそうです。そうすることでさらにエイブル側の準備時間が早くなるという悪循環。「エイブルの言い分ももっともだし、お願いだから先生もうちょっと遅い時間に来てー」という皆さんの魂の叫びがA先生を通じて伝えられましたが、「昔は時間に遅れるとものすごく怒られたとよ!!」と可憐な少女時代の話を持ち出され撃沈。なお私は掃除やお茶当番に関しては文字通り何の役にも立っていませんが、誰も私にそんな期待をしていないということに気づきましたのでのほほんと……。