鱗崩しの流水改2

母を求めるマルコのように、これぞという図案を求めてさまよい続ける日々です。死ぬまでに、一つだけでもいいので、「この模様はこの人に任せよう」と言われるような織り手になりたい。