元の木阿弥

平織りでいったん目を整えても、十段ほど織ると次第に経紙が重なってきて拾えなくなります。そのせいで、本当は7センチずつ一つの模様を織らないといけないのに、7mmから1cm強という体たらく。しかも、当初予定していた綾がまったくといっていいほど織れない。何かが間違っているはずですが、その「何か」が何なのか、まだつかめない。両側がだれてくるのと同じ理由なのだということはわかるのですけど。

論理的に考えて、縦にかけてある紙を横方向に引けるのは、緯糸の張力のみ。もしかして押しヘラの下ろし方かな? 紙が中央に寄って重なってくるということは、張力が外側から中央に向かって働いているということ。糸の緩め方やヘラの形なども影響しているのかもしれない。

紙幅自体は22cmまで広がりましたので、いったん挿しまくったヘラとあぐりを取り外し、糸掛けをしなおして、糸上奇数目・糸下一目の組み合わせで作った、すこぶるつきに拾いやすい図案で織ってみます。