台風接近中

昭和の時代の大水害以来、人命が損なわれるほどの大きな災害には見舞われていない我が町が、有線放送までして自主避難所を設置するのは、初めてではないかと思います。台風の規模やコース云々というより、防災計画の見直しがあったのでしょうね。うちの事業所でも、独居の高齢者の方の避難受入れをしているところです。

いよいよ風が強まってきて、午後には暴風圏内に入るという話ですが、被害なく通り過ぎてくれることを祈ります。もうどこも雨戸やシャッターを閉め、臨時休業の札を出す小売店もあるなど、ゴーストタウン状態。ただでさえ過疎化が進んでいるというのに、余計に寂れた印象を受けて、切ない。

自宅の方は、もし電気が止まっても、プロパンガスが使え、煮炊きには困りません。一応七輪や練炭なども準備しています。備えあれば憂いなしです。ただ、職場の方がオール電化になっているので、ちょっと心配。一応カセットコンロなどは準備していますけど、場合によっては、ガスが使える事業所で大量にカレーを作るなどして対応しないといけないかもしれません。

※被害という被害ではないですけど、数時間停電。充電しておいたタブレットで、雨に唄えばなどを観て過ごしました。防災用のラジオはやっぱり要るかなあ。車があるからいいかと考えていましたが。