毎度毎度

知らない間に始まって知らない間に終わっているサッカーのワールドカップ。体育大嫌い子だった私は、そもそも授業でやったスポーツはことごとく嫌悪の対象となっておりますので、サッカーも類に漏れず、まったく興味がありません。選手の名前も知らないし。ですが、勝った負けたという話を人づてに聞いて、その都度良かったなとか残念だったな程度は考える人情はあります。今回も、内容はまったく理解していないながら、コロンビア戦で歴史的な勝利を挙げたという話を耳にして、心の中で拍手をしているところです。どれだけすごいことかわからぬままに。

ところで、鹿島錦ですが、昨日も私用で教室に通えなかったので、来週こそは……。

※大分の選出議員のヤジに唖然。喫煙者は、非喫煙者がこれまでどれだけ我慢を強いられてきたか、まったく知らないんでしょうか。私は内蔵だけでなく気管支も弱いので、少しでも煙が喉に入ると咳が止まらなくなるのですよ。一人の時や、喫煙所がある時は、誰にはばかることなく堂々と吸えばいいと思いますが、周りに非喫煙者がいる時は、せめてニコチンパッチとなんちゃってタバコの組み合わせで我慢をしてもらいたいところ。