たーまごったまごたーまごっ、ふーふー

無名時代から鬼越トマホーク派ですので、エッグ矢沢は別に応援していませんが、頭をかすめたので記事タイトルにしてみました。一昨日から、産声をあげたばかりの水陸起動団の記念オブジェを勝手に作っているところです。ちょうどいま、24日にご利用者様に作っていただいた兜の焼成ために電気炉がふさがっていますので、終わり次第焼成を開始します。まあ相浦駐屯地には個人的な知り合いも親戚もいないし、誰にあげるあてもないのですけど、おりがみ陶芸センターでサンプルとして使ってもらえれば御の字かと思いまして。最初は融かしガラスや、金液でコーティングした桜と組み合わせようかなと思いましたが、一年目ですから、卵と合わせることにしました。ガラスを用いた場合に膨張率の差で生まれる貫入は、味わい深いものですが、結局はヒビですから、初年度の記念品にするのはいささか縁起が悪いかと。

予定では、コットン糸か白いレース糸を、水で薄めた木工用ボンドに浸し、膨らませた風船に巻き付けて乾燥。風船を割って外してから、ハサミでカットして殻が割れた感じを出し、補強と劣化予防のためにLEDレジンで内外全面をコーティング。草薙剣をモチーフにしている(らしい)エンブレムと観閲行進の写真、それから式典の日付をデコパージュした鶴を組み合わせて飾れるようにします。ファンシーにならないように注意します。自衛隊仕様ですので、ラインストーンもビジューも封印。自分用にはつけていいかも。

完成したら写真をアップします。はてさて、どうなることやら。

明日の夜までに蝶のペンダントブローチも仕上げないと。検品が通れば、道くささまで販売していただけるはずですので、よろしくお願いいたします。

※同級生で防衛大学に進学した人達って何をやっているんだろうと思い、興味本位で検索。そうか。女性の防衛大学の一期生って、私と同学年なんですね。皆何事もなく無事に定年を迎えられますように。私もまず引き立てほやほやの風邪を治そう。

※大きい鶴を二羽と小さい鶴を二羽作ったため、卵は断念。材料は調達済みですので、ランプシェードで作ります。