兜と蝶を焼いています

ペンダントブローチ用の蝶と、ご利用者様の兜の焼成中です。蝶は、7羽折って、1羽は形が整わず没にして、1羽は割ってしまい、残り5羽。これ以上はさすがに失敗できないので、無事に焼けることを祈ります。蝶は、裏側は破損防止のためにレジンでがっつりコーティングする予定でいますから、釉薬は最初から表側だけにしかかけません。ジルコニア以外にもビジューを買ってきたので、綺麗に仕上がるといいなあ。

鹿島錦の基礎織も、ようやく網代が3.5cmを越えました。集中力がないせいでなかなか先に進めない。一段織ってはストレッチ、二段織ってはコーヒーブレイクといった感じで進めています。でも目を拾い損ねることはなくなりました。相変わらず紙は重なっていますけど、あの手この手で拾った目が正しいかどうかを確認しながら作業を進めています。

そろそろ次の二種の枡についてあんちょこを作成しないと。