実験、継続中

焼成の実験は続きます。先日までは、「全体を釉薬でコーティングし、かつ、焼成時にアルミナを付着させない手法」を求めて試行錯誤し、結果、二種類の解決方法を見つけました。一応は満足したため、しばらく実験はしないだろうと考えていましたが、将来のために釉薬がらみで確認したいことを書き出したら、結構出てきて、結局継続する羽目に。

思いついたら確かめずにはいられない。そんな性分なのでしょう。折り紙の技法のバリエーションは、折り紙協会のインストラクターもされているきよ先生(カワサキローズの川崎先生のお弟子さんです)にお任せし、私は、私なりの観点から、創意工夫を続けてみます。

※先日から始めたデコパージュは、ご利用者様に作っていただいた兜の裏側にあしらって活用予定。完成すれば、おそらく、ご本人もご家族も喜んでくださることでしょう。ちなみに今回はおりがみ陶芸初挑戦のお二人の方に制作を楽しんでいただきました。お二人とも綺麗に折られ、私の方が感激した次第です。やはり、大勢を対象にするより、一人ずつのんびりと、隣で一緒に作りながら制作指導をする方が向いています。もう生涯ワークショップを開くこともないでしょうね。その代わり自分の作品のバリエーションを増やしていきます。