医療センターも広域も思い通りに動いてくれぬ

昨日は、持病の定期健診の為、嬉野医療センターに行ってまいりました。寝坊して家を出るのが遅くなり、採血が九時半過ぎになってしまい、内科と腎臓内科をはしごして、診察が終わったのが午後二時。23日にもまた医療センターでの眼科受診があり、その後かかりつけ医のところを受診しないといけないため、今月は医療費がかさみます。

医療センターの予約は、あってないようなもので、予約なしで行くよりちょっと早いかな程度。しかも私の場合、他人様より血管が細く、しかも奥の方にあるため、採血自体もスムーズにはいきません。今まで何度刺した後で動かされたことか。

まあ今回の看護師は珍しく一回で成功してくれましたが、普段は左腕で何度かやって失敗して「さて右腕で本気出します」という感じなので、あまり採血してもらいたくないのです。

4月になって医師の異動もあり、腎臓内科の担当医は、スタイリッシュなみなみらんぼうみたいな感じでした。昔のアルバイト先のオーナーは、守銭奴のみなみらんぼうだったなあと、本物のみなみらんぼうさんからすれば失礼この上ないことを思い出したりもして――

医療センターの中で、受診待ちをしていたところ、父から電話があり、何事かと確認したら、体制届が出ていないと広域から電話があったとのこと。13日にFAXで、地域密着型サービスに関しては、全事業所体制届を出すように伝達したとの話。でも、私は知らんよ、そんなFAX。大浦の宅老所のスタッフによると、確かに受け取ったということだったけど、なんでそれを連絡してくれないのかと無性に腹が立ちました。お願い。そういう大事な書類はきちんと渡して。

人生ままならないなあと独り言ちつつ、医療センターの受診を終えてから、おりがみ陶芸センターに出向いて、試作品を確認してもらいました。薬局で薬を受け取らないといけなかったので、四時半前には佐世保を出ましたけど、道中眠くて眠くて仕方がありませんでした。寝たら薬局の営業時間を過ぎてしまうし、歯を食いしばって運転し、何とか帰宅。でもよく考えたら、バッグの中に常にカフェイン製剤とか葛根湯とか入れているんでした。呑めよと自分でも思います。

※最近ケアレスミスが続きます。受付をせずに採血を待っていたり(そのせいで余計遅くなった)、駐車場を出る時に駐車券をお札を入れるところに突っ込んだり。脳よ、がんばれ。

※東急ハンズでスワロフスキーを調達してきました。ブローチに使おうっと。

※折り紙で豆本を作る方法を教わってきました。メモ帳替わりにちょうどいいです。

※やはり文章が荒いですね。自分の脳が劣化の一途をたどっているような気がします。