デコパージュはあんでるせん手芸と組み合わせられるか?

費用が掛からず、高齢者の手指の機能の訓練にももってこいのあんでるせん手芸。私も、レクに活用するために挑戦しようと結構な数の紙を巻いてから、なかなか時間が取れずに、もう二年くらい放置しております。高齢者の手指より私のやる気の方がリハビリが必要かも。

もっとも、良いことばかりではなく、チラシや通販の雑誌を材料にするということで、最終的な見た目がいささか(ぴー)臭いのが難点。一応福祉職のはしくれですので、差別的な言葉遣いはいたしませんよ。多分(ぴー)臭さと、材料の準備の手間がさほどかからないという点で、エコクラフトに取って代わられたのではないかと推察しています。まあ時々不死鳥のように話題にのぼったりしますけどね、ネット界隈でも。

それで、ここしばらく、おりがみ陶芸の鶴への写真のデコパージュについて調べていて、画像検索で、白いエコクラフトにデコパージュを組み合わせた作品というのがちらほら引っ掛かりまして、もしやあんでるせん手芸でも……と思ったわけです。下地にジェッソを塗って、デコパージュして、上からコーティングすれば、ある程度補強にもなるはずだし、見た目の(ぴー)臭さが和らぎそう。

籠編みは、織物と編み物とマクラメを足して割った感じの技法になるため、仕上がりの巧拙を抜きにすれば、簡単な作品ならすぐにでも始められるはずなのですが、いかんせん時間とやる気が足りません。主にやる気。元籠編み職人の大叔母が生きていたらやらせたのに。

そういえば、デコパージュの件。手持ちのガジェット類が、ことごとく黒色がベースなので、どうしたものかと思案しています。ジェッソで下地を塗ったり、デコパージュ用ののりではなくメディウムを混ぜた白のアクリル絵の具で接着しようかとも考えてみたり。下地が黒だと、市販のデコパージュ用ペーパーを使ったとしても結構な手間がかかるはずですよね。塗って貼って乾かして塗って乾かして塗って乾かして塗って乾かして。この間のIS01は、切り抜いたカレンダーを使ってなんちゃってデコパージュで仕上げましたけど、もう面倒だからシール用紙に直接コピーして、上からコート剤だけ塗ってやっつけちゃおうかな。試しに手帳用に集めたムーミンの画像を使って、フリーソフトでタイル状にコラージュしてから印刷してみます。