なんてこったい

ちょっと昭和レトロな響きがしますね。「なんてこったい」。今時真顔で使う人はどれだけいるんだろうと疑問に感じつつ、個人的なんてこったい案件。

今、銀粘土で作ったペンダント用のメビウスの輪の焼成中なのですが、どうも電気炉の設定を間違えたようで、最高温度650度で充分なのに、700度目指して頑張ってくれていますよ、うちのおプティさん。

ちなみにこちらがおプティさんのご尊顔。結構高かった。

焼成前に穴を開けるときにも、開けてはいけないところに開けてしばし途方にくれたり、いろいろとありました。

それとゆるがせにしてはいられないなんてこったい案件。とある知り合いが、とあるステロイド入り目薬を、一日に何回も差していることを今日知りました。実はその目薬、私が花粉症で処方してもらっているのと同じ成分なのですけど、私の場合はかかりつけ医から「かゆくてたまらない時だけ。差しても一日二回まで」と厳命されております。それをここしばらく、一日何度も差しているとのことで、話を確認した限りでは、どうも副作用が出ているような印象。くだんの知り合いの主治医は、とにかくヤブで有名。薬剤師が「ありえん」とあきれ果てるような処方をしばしばするのです。もっとも私は薬の処方や使用方法について説明できる立場ではない――医師法や薬事法に抵触するため――ので、まずは薬のエキスパートである薬局の薬剤師に相談してみることを薦めてみます。