一日請求書を作っていました

今日は鹿島錦教室でしたが、介護保険法改正の説明会が入ったということで休み――にしていたら、その説明会が、こともあろうに来月10日に延期。4月からの提供サービスなのに、4/10に延期。その通知メールを読んだとき、「せっかくだから教室の方に参加しようかなあ」とも考えましたが、ここのところ受診等で休むことが多く、書類も溜まっていたため、ぐっとこらえて仕事に出て、一日、請求書と格闘しました。

なお、私は仕事でしたが、母が今日は休みで、昼休みにいつものように一時帰宅したら、昼食はすでに準備していてくれておりました。ただ、最近前にもまして膝が悪くなり、上半期中に手術の予定なので、出来るだけ立ち仕事をしなくて済むよう、昨日買っておいた脂身の少ない牛肉を使って、夕食用の牛丼をささっと作って、昼休みは終了。

フットマッサージの後、焼成済みの鶴の確認と、数年前に購入したまま放置していたアートクレイシルバーをドキドキしながら開封したので、鹿島錦は出来ませんでしたが、決して無益ではありませんでしたよ、マイ昼休み。

ちなみに、アートクレイシルバーは、焼成することで純銀になる粘土。さすがに何年も経過していたためカチカチで手の施しようがありませんでした。柔らかくするには、砕いてから水分を加えて練るらしいのですけど、砕くのも大変そうなので、泥漿さながらのペースト状になるよう、しばらく水につけてみます。溜まっていたポイントで減額して、改めて楽天内のお店で、20g注文しました。

何でアートクレイシルバーを注文したかというと、入会記念にいただいた鹿島錦のストラップを、銀粘土でオリジナルのアクセに加工するため。今もチャーム代わりにペンダントに引っ掛けていますが、勤務中はたいがいPCの前に座っていますし、わざわざ時計で時間を確認する機会がほぼないことを再認識したため、ペンダントの核にしていたムーミンのナースウォッチはマクラメで別の何かに結ぶことにします。見た目も、それから物理的な意味でもバランスが悪いので、銀粘土を使ってうふふでえへへな加工をしてみます。ガスコンロでも出来るようですが、我が家の場合は多分空焚き防止センサーのせいでまともには焼けないはず。失敗するより最初から温度管理はコンピューター任せの電気炉でやります。

ペンダントにくっつけてから、受診中に病院で「佐賀錦ですね!!」と声をかけられたりしますので、その都度「 い え 、佐 賀 錦 の 源 流 と さ れ る 鹿 島 錦 で す 」と訂正してみたり。くわえて「もともとは鹿島錦という名称だったんですが、1910年の日英博覧会で、大隈重信公が……」と言い添えていますので、面倒くさい人間だと思われているかもしれません。別に佐賀錦に恨みはないのであしからず。

4月からの体制届も提出するよう通知が来ておりますが、書式がまだなのだそうです。本当、あらゆることが後手後手に回って、どうなるんでしょうね。