我ながら持て余すほどに

レジンの材料が余っていたりするのですが、レジン用のフレームを鹿島錦に応用することが出来るのかな?

ピルケースなど、底があるものに貼り付けるのは簡単そうですけど、底がないフレームと鹿島錦を組み合わせることが出来れば、デザインのバリエーションが幾何級数的に増えそうな予感。

販売商品にバリエーションを持たせるために、今週末ちょっとレジンの時間をとります。明日は鹿島錦教室の後、鹿島のユートクまで出向いて、柄和紙を買わねば。店舗の規模の問題なのですが、太良のユートクにはないものが結構あって困ります。注文するより行って買った方がはやい。

※JR九州ウォーキング、数年ぶりにコースに加わった3/24の三河内は是非参加したいと考えています。ついでに三河内焼き美術館を見学してきます。翌日は鹿島(酒造祭り)なので、まあ体力に余裕があれば参加します。時間があれば、祐徳博物館に立ち寄り、大先生の刀袋をまた観察してまいります。その後は4/21の長崎(帆船祭り)と、22の諫早しか参加できそうにないですね。5月も5日の神崎(九年庵)と19日の早岐(茶市)くらいか。6月に至っては、16日の相知(アジサイ祭り)のみ。まあ、歩けるだけいいかという感じです。ただ、母が人工膝関節置換手術を予定しているので、その日程次第では参加が出来なくなるかも。