バリエーションが膨大すぎて

綾織の種類×糸の色数だけでも無尽蔵のバリエーションがあるのに、それに加えて、複数の図案を一つのデザインに取り入れたり、オリジナルを組み込んだりと、その数たるや膨大すぎて、何が何やらわかりませぬ。

先日考えたシンプルな図案でも、色を変えたらがらりと雰囲気も変わって。

綾織の図案は、在りし日のホームページの壁紙のように、同一パターンをタイル状に並べたものですので、エクセルのオートフィルの方がやはり便利かもしれません。

伝統的な図案も、すぐに色替え出来るように、時間はかかっても入力しておこうと思います。

※パターンがずれてもそれはそれで面白いかも。適当に埋めただけでも勉強になります。いろんな花をイメージして色替えするのも楽しいですね。下のパターンの三番目はアジサイのイメージです。

※※アジサイの配色がツボだったので、いじっていたら縦向きの流水になりました。