!ご注意!

医療費控除の件。問い合わせが何件かありましたので、ここでもお知らせしておきます。

通所介護や小規模多機能型居宅介護のご利用料は、そのままでは医療費控除の対象にはなりません。通所リハビリや訪問看護など、単独でも医療費控除の対象となる医療系介護サービスをご利用の場合に限り、食費その他を除いた介護保険給付対象分のご利用料(負担割合証に基づいて、1割~2割負担となっている分。基本単価と処遇改善を含めた各種加算の分)のみを、上乗せする形で医療費控除対象として申請することが出来ます。また、限度額を越えた分に関しても、対象とはなりません。デイケアなどの場合は、食費なども控除の対象となったと記憶しています。

医療費控除の対象となる方の場合、通常お渡ししている領収書・請求書では、控除対象外の分まで含まれてしまいますので、こちらから「医療費控除の対象となる金額と明細」を記載した書類、例えばサービス提供証明書などを発行します。

地域密着型通所介護も同様です。

介護保険サービス利用料の医療費控除関しては、国税庁の方に詳しく記載がありますので、ご参照ください。