以前の薔薇

現行バージョンの一つの前の作り方で作った薔薇。土台はアジサイの葉に泥漿を塗ってそのまま焼いたもの。銀粘土の本で見つけた手法です。蝶を折った柄紙も、今となっては貴重ですね。綺麗とほめてくださる方は結構いらっしゃるのですけど、焼き上がってしばらくしたら、真ん中のロールの部分が細いちくわみたいで気になって気になって。

しばらく職場の玄関に飾っていましたが、今はおりがみ陶芸センターに置いていただいています。「こんなの作りました」「これも作りました」と持参を続けていたら、結果的に屋内の一角が私の作品スペースになってしまいました。申し訳ない。

ちなみにこちらが焼成しないままの状態で陶芸センターに飾ってある、花びらの枚数が少ない薔薇。釉薬を厚めにかけるという前提で、花びらと花びらの間に空間を広めにとっています。

ちょっと椿っぽい? カットした後の余り紙で薔薇を作るのがひそかな楽しみです。