図案を作る方法を思案する

鹿島錦の図案、パターンは、クロスステッチ刺繍やビーズ手芸などでも使われる方眼図を使用したもの。PCでやれば、気軽に色を変えられるのでいいかなと思いつつ検索。

パターンを描くだけなら、日本古来の伝統芸「エクセル方眼」でも出来るのですけど、ドット絵ソフトの方が無難なのかな? ジャンルを問わなければ、インクスケープを使う方、GIMPを使う方、いろいろいらっしゃる模様。刺繍図案作成用ソフトのStitchSketchなど使いやすそうだなあと思ったのですけど、鹿島錦には不要な機能もあるのと、シェアウェアなのが悩ましい。iphone版もあるようですが、私はandroidユーザーなので……。

インクスケープの場合は、刺繍用デザイン=私が求めるドット絵方式とは違うようで、専用のプラグインなどもあるようですけれど、鹿島錦に流用できるかどうかは微妙。そもそもインクスケープなんて数年前に一回PNGのファイルをベクタ化する時に使っただけだし。

Windows付属のペイントをドット絵に使うという方も大勢おられるようですけど、範囲を選択して特定の色だけ別の色に変換するなどは出来ないはず。そう考えると指定範囲の書式を変更できるエクセルかなとも思ったり。

と、ドット絵用ソフトのEDGEで作成したファイルをGIMPで開くためのプラグインを開発され、公開されている方がおられました。素晴らしい。

綾織に絵柄を組み合わせるときなど、写真や図を取り込んで参考にしながらやるのなら、レイヤーが重ねられるGIMPかなとも思ったんですが、エクセルでも出来なくはない模様。エクセルの方が、色の変更が簡単なのと、コピペで範囲をどんどん広げられるのでいいかもしれない。

結局エクセル方眼かというオチです。