二年ぶりにストレッチ編み

どれだけ放置していたんだという忸怩たる想いを胸に、二年ぶりにストレッチ編み。おりがみ陶芸を始める前に練習していたから、もしかしたら三年ぶりかも。はまっていた時に買ったあみもネットのプレミアムウールで、親指の所に穴を開けたアームウォーマーを編んでいるところです。編み終わったら今度はアンクルウォーマーとネックウォーマー。スヌードっぽくしようかな。ネットで見るストレッチ編みは、某雑誌の影響からか、昇竜が多いようですが、私はピケ編みばかり……。

昭和の時代に販売されていたテキストをひもといてみたところ、本来は、基礎編み4つをきちんと勉強してから模様編みをやらいといけないとのこと。誰かに師事しているわけでもなく、誰かのために編んでいるわけでもないので、そんな面倒なことはしません。肌触りが良いプレミアムウールやアルパカで、いつかはセーターを編むのがミッション。

首、手首、足首の三首を温めるのが、寒さには一番良いという話を以前小耳にはさんだので、信じて鋭意制作中。それを聞いた時「乳首は?」と脊髄反射で質問しなくてよかったと、今更ながら自分をほめてみたり。

ああ、アトリエがとっちらかってきたので、整理もして陶芸紙をカットしないと。以前使っていたVISTAにlinuxをインストールする予定も流れてしまいました。相変わらず時間の使い方が下手過ぎる。