現在の赤門

佐賀錦の源流である鹿島錦が産声を上げたのは、鹿島城の大奥。その鹿島城の正門は、「赤門」と称され、現在県立鹿島高校のシンボルとなっています。

威風堂々とした立派な門。

正面左側にあった楠は、繁茂して門を傷めつつあったため、伐採されました。記念品が制作されたという話。

一応「正門」ですが、実際には、この門をくぐって通う学生はいません。

なぜか。

答えは、どの方向から来ても、門をくぐると、下駄箱まで遠回りになるから……。