二つ並んだ鶴と亀

を14日におばあちゃんズと作る予定です。お正月用に。今日にでも紙をカットしないと。

ところで、先日amazonで注文していた「佐賀錦―基礎織から応用まで(1976年刊 毛利元博著)」が届きました。私はまだ紙織りの段階で、知識など皆無に等しいので、重宝しています。監修は、元鹿島錦保存会会長の故鍋島政子刀自。表紙はこんな感じです。

昭和51年というと、私が三歳の頃ですか。当時の赤門(鹿島城跡に建てられた鹿島高校正門)の写真は、モノクロですが、風情があっていい感じ。ちなみに学校の敷地内には鍋島直彬公の像があるのですけど、私の中での愛称は「バナナさん」です。

私の手元に届いた本は、小金井図書館の除籍本。十年で十人しか借りていないようで、経年劣化以外の傷みはさほど見られませんでした。ありがたや。