最後のワークショップ、無事終了しました

月光百貨店での最後のワークショップ、無事に終了いたしました。ちょうど店内の一角で個展を開催していらした、写真家にしてコラージュ作家の久保田昭宏さんにサインもいただいたりもして、有意義な時間を過ごせました。アートワークを行う人というのは、ほぼ全員が一般社会に対して息苦しさを覚え、酸素が足りなくなった金魚さながらに、社会からぷかぷかと浮いて必死に生きようとしてるわけで、特に私のように僻地に住んでいる人間の場合、周囲は地に足を着けて生きている人ばかりで、同じ位相で会話をかわせる人を探すのは極めつけに困難なのですけど、現地では、同じようにぷかぷか社会から浮いた人たちと呑気な話が出来て、それだけでも行って良かったと実感いたしました。

鹿島錦とおりがみ陶芸、それから簡単なガラスフュージングやレジン、マクラメなどを、それぞれの特色を相殺させることなく組み合わせてオブジェを作るというのが、私の当面の目標です。場合によってはそれぞれを独立した作品に仕上げるかもしれませんし、あるいは三つも四つも組み合わせることもあるかもしれませんが、その目標に向けて動き出したので、しばらくは、私が個人で行うワークショップは封印。言うなれば、「伝統工芸と現代工芸のアートにおける融合」がテーマです。

おりがみ陶芸センターと連携して、企業や自治体に協力するような形での制作指導や、事業所での制作会などは継続しますので、悪しからずご了承ください。

東京の日本橋長崎館では、12月5日~7日におりがみ陶芸展示会が開催されます。一般の方だけでなく、介護事業所や就労支援事業所の方のご来訪をお待ち申し上げております。私は仕事の都合で行けませんが、各事業所の関係者の方は、申し出てくだされば、サンプルとして会議などで使っていただける「蝶の箸置き」をお渡しいたします。なお、数に限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。その場合はご容赦ください。